上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「光の国の姫」



石田衣良さんの絵本です。




私は、感動しました。



石田さんの作品に取組む、集中力にです。



絵本の内容も素晴らしいんです。


その絵本についていたDVDには、
絵本ができるまでの過程が描かれていました。


超ハードなスケジュール
48時間でこの作品を仕上げるという中で
(雑誌の取材4件、
週刊誌の連載15枚、
エッセイ2本、
テレビ番組の収録3時間)
広辞苑から適当に選んだ3つの言葉を、重要な小道具として使うことを条件に
作品をつくっていくのです。




私は、石田衣良さんの

「ひらめきの神様は手なずけている」
というコメント

妙に共感しました。


脳の勉強をしてるなこの人

もしくは、感覚的(もしくは経験として)に
どう脳をつかったらいいかわかっている

そう思いました。


そして無意識の彼
(石田衣良さんの中にいるもう一人の無意識の石田衣良)
が勝手にやってくれると言う感覚


昔であれば理解できなかったかもしれませんが

今は、なるほど!

とうなずけます。



無意識に語り語りかけることは
訓練でできますから・・・






極めつけは、


彼が


楽しかった!


といったその瞬間です





ああ、やっぱり!









楽しんでる!






そうだよね。




凡人からみたら超過密スケジュールで
締め切りに追われる毎日
大変だな・・・と思う毎日です。




でも、彼はそれを楽しんでいる。





かっこいい。




本物の集中力と思いました。




そして彼は、スイッチの入れ方を知っている。


自分のスイッチの入れ方を。





光の国の姫・・・



素晴らしい作品です。






早速、授業で使います。








自殺願望のある少女の自殺を思いとどませる童話・・・







石田衣良さんはこの課題を見事に成し遂げたと思います。






5歳の娘が眠るときに


この絵本を読んで聞かせました。




ちょっと難しすぎたようです。





私は、授業で、この絵本を本氣で読みます。

心を込めて、一生懸命読もうと思います。






生徒の心に届いてくれたら

本当に嬉しい。




毎時間の授業・・・





心を込めてやっていきたい。





試験あけ、一発目の授業



私は、教材研究を繰り返しています。









楽しみながら。








スポンサーサイト
2009.08.29 Sat l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
最近の驚きは、ひすいこたろうさんと山下弘司さんの共著

「名前セラピー」から・・・


いきなり、「はじめに」
で度肝ぬかれました!




小和田雅子さん

川島紀子さん






そう、雅子様と紀子様!
おふたりとも皇室に嫁いだ方です!



平仮名にしてみます。





おわだまさこ
かわしまきこ





よく見てください・・・







なんと!


















ジグザグに読んでも、読めちゃうんです!



おふたりの名前・・・




ジーグザグザグ ジグザグジグザグ♪
なんてマッチの歌(これ知ってる方は私と同年代以上でしょう)
がありましたが


すごい!


それまで全く縁のなかった2人

皇室に嫁ぐことが運命的?
なにか不思議な力が働いているような・・・

偶然のレベルを超えてますね。





雅子様と紀子様が名前で不思議なつながりがある!
テレビ等でも紹介されたようなのですが、
私は全然知りませんでした。


以前、「名前のアナグラム」を授業の中でやってみましたが
その導入としても、抜群の話題となりそうです。
このおふたりのジグザグ!



さて・・・
今日の本題です・・・



「心の問題を扱うプロ」スズキケンジさんの言葉で、
ずっと私の頭にこびりついて離れない言葉を紹介したいと思いました。





↓以下は、スズキケンジさんのブログから抜粋です。


====================================










【心の問題から抜け出せない原因と解決の仕組み】をお届けします。


…………………………………………………………………………………………
☆心の問題から抜け出せない人の特徴は何か?

☆その問題を解決する向けて必要なことは何か?
…………………………………………………………………………………………


 そのあたりを、具体的にお伝えしますね。


 今回は、【相手(環境)を変えることだけを努力する人】の特徴です。


 最近、よくこんなご相談を受けます。


…………………………………………………………………………………………
 「子供が○○なので悩んでいます。
  どうすれば子供が変わりますか!?」

 「パートナーが△△なので悩んでいます。
  どうすれば変わってくれますか!?」
…………………………………………………………………………………………


 スズキケンジは、こう答えます。


…………………………………………………………………………………………
 「悩んでいるのは、

  相手の方(子供 or パートナー) ですか?

  それともあなた自身ですか?」
…………………………………………………………………………………………


 この質問をすると、たいてい相談者自身が困っていることが多いんですね。


 多くの人は、相手を変えたくて必死なんです。
 人は自分自身よりも他者に焦点が向いていることが多いのです。
 相手を変えることだけに努力をしている時は、
 自分の気持ちが満たされない状態を相手を変えることだけで
 解決しようとしている状態です。


…………………………………………………………………………………………
 つまり相手のことを心配して言っているようで
 実は自分の不安定な心をなんとかしたいのです
………………………………………………………………………………………


 しかし実際に相手が変わることはほとんどありませんし、
 変わらない状況を見てさらに自分の心が不安定になってしまうのです。


 この場合、本当の目的は何だと思いますか?
 本当の目的は、あなた自身の心が安定することであり、
 相手が変わることが目的ではありません。


 つまり、相手を変えるという方法は、
 あなたの心が安定する手段のひとつにすぎないということです。
 (しかし、たいていうまくいきませんが・・・)


 さて、ここでひとつ重要なことがあります。


 相手(環境)に焦点が向いているということは、
 自分の内面には焦点が向いていないということです。


 つまり、内面にあるジーニーが無視されたまま放置状態なんですね。
 実は、これが一番問題が解決しない原因なのです。


(中略)
 

 心の問題から抜け出せない人には、共通の特徴があります。
 それは何だと思いますか??


 
…………………………………………………………………………………………
 心の問題から抜け出せない人は、
 自分自身の影に向き合っていないのです。
…………………………………………………………………………………………


 それとは逆に、
 心の問題から抜け出せる直前に来ている人はこんな特徴があります。


…………………………………………………………………………………………
  自分自身に焦点を向ける勇気を持ちつつ、
  助けを求めることができる人
…………………………………………………………………………………………


 単純に必要なのはこれだけなのです。
 この単純なところに、あなた進みましたか?
 それともまだ進んでいませんか??


 うまくいかないところに執着するか
 うまくいくところへ飛び込んでみるかは、あなた次第ということです。


 この時、アドバイスだけを欲するとうまくいきません。
 なぜなら、あなたはその答えを鵜呑みにするだけだからです。
 それは、あなた自身に焦点が向いているのではなく、
 他人の意見に焦点が向いているのです。
 これが続くと、どんどん他者依存的になってゆき解決とは逆方向になります。


 ですから、心理療法によって、
 あなたの内面から真の答えを導き出す必要があるのです。


 あなたの問題を解決するドラえもんは、
 あなたの中にいるのですから・・・・・。




=====================================




スズキケンジさんのブログからです。

私は


つまり相手のことを心配して言っているようで、
実は自分の不安定な心をなんとかしたいのです。




この言葉がぐさりと自分に突き刺さりました。


人を心配して、その人に発言しているときって
自分の心を安定させようとして言ってないかと


いろんな言葉が、私の頭をかけめぐりました

私の手帳に貼ってある、石川洋さんのことば

教えることではない
氣づかせることである



相手を変えようとするのではなく、
相手が、自分の中に持っている答えに
氣がつくように導く・・・




深いです。



心理療法の手法も、勉強したいなと思っています。





そして斎藤一人さんのいう

心配するんじゃないよ!信じなさいよ!


という言葉の重みがズシンときます。


長いブログ、
読んでくださって
ありがとうございます。


今日も元気全快でいきます!

気持ちがいい朝です!

岩内高校野球部、土曜日は駒大岩見沢に2敗しましたが、
とても収穫がありました。
日曜日は、滝川高校、北広島高校に勝利してきました。


毎日の1000スイング・・・効果が出てきています!


今、朝の5時10分、ブログの更新完了!

今日も、みんなにありがとう!
2009.08.24 Mon l ツイてる日記 l コメント (2) トラックバック (0) l top
16日の余市の墓参り、海水浴
札幌実家に帰省、宿泊に続いて、
17日は朝のラジオ体操、
岩見沢の墓参り、北海道グリーンランドで遊ぶ、岩見沢祖母の家へ。
札幌に戻り、夕飯を食べました。

2日間、結構ハードなスケジュールでした
さあ、岩内に帰ろう!

岩見沢札幌間、車の中で眠っていた5歳の娘は
元気になった!

娘は助手席に座って、私としりとりをしていました。
(嫁さんと1歳の息子は完全ダウンで爆睡)

今日のおもしろかったことや明日からの幼稚園の話をします。

今度は、娘は歌を歌い出しました!
(CDに合わせて)

「山口さんちのつとむくん」と
「にんげんっていいな」
をリピートしてひたすら歌います。


私は、歌ったら娘に怒られるので、
ノリノリでリズムを取っていました。







娘の歌声・・・





なんと、私を元気にするんでしょう。











帰りの道中、私は少しも眠くならず


元氣一杯です!





どんな素晴らしいプロのミュージシャンもかなわない



特別な娘のうたごえ。









「にんげんっていいな」の歌詞がまた素敵でした。









  にんげんっていいな
    (まんが日本昔ばなし)

    作詞 山口あかり
    作曲 小林 亜星
    編曲 久石  譲
  (すごいスタッフが、この歌をてがけていました・・・)





 くまのこみていた かくれんぼ

 おしりをだしたこ いっとうしょう

 ゆやけこやけで またあした またあした


 いいな いいな にんげんっていいな

 おいしいおやつに ほかほかごはん


 こどものかえりを まってるだろな

 ぼくも かえろ おうちへかえろ

 でんでんでんぐりかえって バイバイバイ


 もぐらがみていた うんどうかい

 びりっこ げんきだ いっとうしょう

 ゆうやけこやけで またあした またあした


 いいな いいな にんげんっていいな

 みんなでなかよく ポチャポチャ おふろ

 あったかい ふとんで ねむるんだろな

 ぼくもかえろ おうちへかえろ

 でんでんでんぐりかえって バイバイバイ









なんてあったかい歌なんでしょうか。

娘の歌声で、さらにすごい力となって、




私のパワーの源となります。








ありがとう!







よっしゃ!



やる気満々で、また、

仕事モードのスイッチを入れます。
2009.08.18 Tue l ツイてる日記 l コメント (2) トラックバック (0) l top
本の整理をしていました。

また、ふと、読み返した本が

五木寛之氏の
「人間の関係」(ポプラ社)

その中からの抜粋です。




=================================================================


 本音は軽々しく表に出すな


   ホンネとタテマエ。

  この2つは、両方とも世の中の真実です。
  どちらかを愚直につらぬきとおすことができる人は、
  選ばれた人です。
  一種のエリートと言っていい。

  私たちは、ホンネとタテマエの2つを、適度に使い分けて暮らしていくのです。
  ときには、半分ホンネ、半分タテマエと、両方がごっちゃになることもある。
  しかし、タテマエは表面に、ホンネは心の奥深く、とうのが生きていく上での知恵でしょう。

  ホンネで生きる、などというと、ちょと格好良く見えます。
  しかし、それも、ひとつのポーズだと、いずれは誰かに見すかされることになる。
  ホンネは簡単に人に見せるものではありません。公の場でさらけだすものでもないでしょう。

         (中略)

  ホンネを人に見せるというのは、やはり甘えだろうと思います。
  人は死ぬまで、いや、死んでのちも正しくは理解されるものではないのです。
  
  私たちは、常に他人から誤解されながら生きている。本当はこうなのに、どうしてわかってくれないんだろう、と歯ぎしりする。それが人間の世界というものです。

  タテマエで生きろというのか、と反論されそうですが。そうではない。ホンネを軽々しく外に出すものではない、と言っているのです。




=================================================================



私は、五木寛之さんの講演を聴いたことがあります。

第一印象は暗い方でした。

でも、すぐに話に引きこまれました。
実に深い、奥に秘めた強さ・・・。
世の中のいろんなものを敏感に感じ、そして、それを表現してきた人。

信念を感じました。



「人間の関係」という本は、彼の講演後に読んだのですが

~ホンネは軽々しく口に出すな~

という文章が、私の中ではストンと落ちました。

というか、やっとこういうことをきちんと言ってくれる人(文章)に出会えたと
ホッとしたという感じでしょうか。



ホンネで語りあう関係こそが良き関係である
という考えに、私は少々違和感を持っていました。

なぜならば、

ホンネ至上主義で生きてる人には、こんな傾向がありがちです。

①言わなくても良いことまで言っちゃう傾向

②人間関係がうまくいっていない傾向
(自分のことを皆わかってくれないと考える傾向)
→実際に、自分をわかってもらうような努力は不足

③周りがとても気をつかっていて、それに気がつかない傾向



時には、ホンネで討論しなければならない場面もあるでしょう。

しかし、それがすべてじゃないんです。



ホンネで言うべき場面と
そうでない場面をきちんと使い分ける


バランス感覚でしょうか。




ホンネを人に見せるというのは、やはり甘えだろうと思います
という五木寛之氏の文章・・・。






核心をついている!と私は強く感じました。

でも、少数派かもしれません。

そう考える人は。




2009.08.13 Thu l ツイてる日記 l コメント (8) トラックバック (0) l top
かもの法則


本日は、西田文郎先生の
脳を変える究極の理論
「かもの法則」
という本からです。



法則

否定の「かも」が発生したら、
肯定の「かも」に置き換えればいい。



この本でいいたいことはそれだけです。



否定的な「かも」

成功したい。でも、できないかも
夢を叶えたい。でも、かなわないかも
彼女とつきあいたい。でも、嫌われるかも

ひょとしたら、むりかも
もしかしたら、できないかも
やっぱり、うまくいかないかも

残念なことに、私たちの脳は
「したい」という願望のほうではなく
この「かも」の方を実現してしまう仕組みになっています。

世間では、マイナス思考が諸悪の根源だ、
幸せになれないのはポジティブシンキングができないからだという
難しい理論が、いまだまかり通っています。

「難しい」といったのは、マイナス思考をプラス思考に変えたり
ネガティブシンキングの人が、ポジティブシンキングになろうとしても、
ほとんど不可能だからです。


変えるべきは、思考ではありません。


「思考」以前に、私たちの脳に舞い降りてくるこの「かも」。
その「かも」が人生をかえるカギをくわえて―いや、握っているのです。


松下幸之助さんや
本田宗一郎さんは

何度失敗しても、そのたびに

次は成功するかも
できるかも
うまくいくかも

という「肯定的なかも」を飛ばせたということです


考え方の癖であるマイナス思考を、
大人になってプラス思考に変えるのは至難のわざです

しかし、マイナス思考の発端にある
「否定的なかも」に気づけば
あきれるほど簡単です。

「できないかも
「ムリかも
「うまくいかないかも

という望ましくない未来を運んでくる困った「かも」たちを

「できるかも
「チャンスかも
「うまくいくかも
という望ましい「かも」に変換するだけです。


松下幸之助さんも本田宗一郎さんもそれをしただけです。





                「かもの法則」西田文郎 現代書林より






札幌のコーチャンフォーに行ってきました!



楽しかったー!


10冊本を買いました。

ワクワクしながら買いました。

その中の1冊が、この西田先生の「かもの法則」です


西田先生に実際にお会いしたことあります。

けっこうでかいです!

オーラあります!

ユーモアのセンスも抜群です。

おもしろいです。

西田先生にお会いして

西田先生の本を読みたいと、より思うようになりました。
(お会いする前から、本は読んでいたのですが)



私も、いずれ本を出版したいと思っていますが
あの人の本なら読んでみたいな!
と思う、人間力・・・
やっぱり必要なのでしょう。

顔晴ります!

鍛えていきたいです!




かもの法則・・・
30年以上もスポーツメンタルの世界でも指導を続けられている
西田先生のことば

深い

そしてシンプル



心のエネルギーは5種類

①不満・反発のエネルギー
②願望・欲のエネルギー
③好き・嫌いのエネルギー
④負けず嫌いのエネルギー
⑤感謝・使命感のエネルギー

①から順に大きなエネルギーになっていく・・・




明日の野球部ミーティングのテーマは

「かもの法則」


不満のある者は、感謝せよ。不満は感謝に追いつけない
不安のある者は愛を持て。不安は愛に追いつけない
悩みのある者は行動せよ。悩みは行動に追いつけない




明日も、きっといい日になるでしょう!


明日の練習
奉仕活動(ごみ拾い)からスタートします!


今日は悔しい敗戦2つでした。


明日の練習で、また飛躍的に選手たちレベルアップするかも・・・!
2009.08.11 Tue l ツイてる日記 l コメント (2) トラックバック (0) l top
最近、箱田忠昭さんの講演CDを車の中でよく聞いています。
その箱田さんの著書より・・・


バケツ理論

人間は目に見えない2つのバケツをもっています。

ひとつのバケツには「黄金水」がたまっています。

もうひとつのバケツには「泥水」がたまっています。

バケツには入っている水の量は、人によって違います。

水の量は他人によってきまります。

他人があなたに対していったこと、やったことによって
黄金水や泥水が増えたり減ったりします。

黄金水の水が多いときは、人は幸せになり、明るくなり、楽しくなります。ヤル気も出てきます。

泥水が多いときは逆にヤル気を失います。暗い気持ちになり、落ち込んでしまいます。

黄金水は他人から受ける賞賛、ほめ言葉、積極的評価、承認度、肯定的な言動によって増えます。

泥水は他人から受ける非難、批評、悪口、叱責、無視等の否定的な言動によって増えます。

黄金水をいっぱいにためたバケツをもっている人は明るく、
エネルギッシュでヤル気に満ちており、外からもわかります。

泥水がたくさん入ったバケツをもっている人は元気がなく、落ち込んでおり、
すべてに否定的で、ヤル気を感じません。これも外見でわかります。

元気のある人、ない人、陽気な人や暗い人、
ヤル気のある人、ない人・・・
などはその人のもっている「黄金水」と「泥水」の量によって決まってしまう、ということです。



さあ、考えてみてください。


黄金水に水がたまってきて、いっぱいになったらどうなりますか?

こぼれますね。

こぼれた水は、逆に相手の黄金水のバケツに入っていくのです。

逆に泥水がバケツにいっぱいになったら、
同様に相手の泥水のバケツに返っていくのです。


私たちは、日常的に自分のバケツを黄金水で満たしたいと思っています。

つまり、ほめられたい、認められたい、肯定されたい、
高く評価してもらいたい、と思っています。

ところが、人はあまり熱心にあなたのバケツに黄金水を注いでくれません。
そうかといって、泥水もくれない場合もあります。

黄金水も泥水もない状態、つまり2つのバケツが両方とも空っぽになってしまうことです。
誰からも相手にされていない無関心、無視されている状態にある場合です。全くの孤独の状態といってもいいでしょう。

これを「水飢餓」といいます。

水飢餓になりますと、人は何でもいいから水がほしくなります。

黄金水が得られないなら、せめて泥水でもいいから、
自分のバケツに注いでもらいたいと思うわけです。

つまり、わざと人に嫌われるよなことをいったり、したりするわけです。
周りを見てください。

とてもひねくれている人、人の悪口ばかりいっている人、他人に何でも反対する人、いつも怒っている人がいるでしょう。

これらの人は、すべて「水飢餓」の状態にあるのです。周りは自分を正当に評価してくれない。みんな俺をバカにしている。無視している・・・と思い込んでいます。

完全に無視されると黄金水はもちろんのこと、泥水もなくなり
2つのバケツは空っぽになります。

そこでその人は、黄金水は無理でも、せめて泥水でもいいから、バケツに水を注いでもらおうとします。

そこで、わざわざ、人に嫌みをいったり、会議の時に反抗的な意見をいったりします。

社員旅行に自分だけ行きたくないといったりします。また、社員旅行に申し込んでおきながらわざとドタキャンをしたりします。

これらはすべて意識的に非難され、しかられるのを期待しているわけです。

そして、なんとか泥水をもらって水飢餓を解消しようとします。

たとえば、今までいい子だった長男が、次男が生まれて両親の関心が次男の方へ移ってしまうと、長男はどちらかというとかまってもらえなくなります。

その状態が続くと、長男は「水飢餓」の状態になります。

そこで無理にでも両親から水を注いでもらおうとして、わざとご飯をこぼしたり、
寝小便をしたり、服をうんと汚して帰宅したりします。

つまり人は、

「バケツが空っぽのときは、せめて泥水でもいいから、注いでもらいたいと思うようになる」

ということです。

結局、人間にとってもっとも必要な水は黄金水であって、
もっとも嫌いなものは泥水ではなく、水の入っていない「水飢餓」である
ということです。



           「できる人の」話し方&人間関係の作り方 箱田忠昭(フォレスト出版) より 




本日は、長くなってしまいました。
文字が多くなってしまいました


読んでくださり、ありがとうございます。


どうしても、この文書のせたくて、

教員向け生徒指導部通信にも載せようと思っています。



心のバケツ・・・


みんな2つもってる・・・


なるほど!



攻撃的になってしまう人の泥水のたまった状態、

そして「水飢餓」になってしまった人の
泥水でもいいから、わざと自分に向けさせようとする心理・・・


いつも機嫌がいい人の
素晴らしい黄金水を人に与える状態!


自分の中で、ストンとおちました。

そうだよねって。






黄金水を人に注げる自分でありたいなと思います。




2009.08.10 Mon l ツイてる日記 l コメント (2) トラックバック (0) l top
MB走(メディスンボール走)


合宿で一緒にやらせてもらった
帯広三条高校野球部のサーキットは
地獄のサーキットでした

ありがとう!

帯広三条高校野球部の皆さん!


ウチの選手たちは、
ことごとくやられていました・・・。
体力でチームトップの選手も
惨敗・・・



素晴らしい体験!

嬉しい!


こんな素晴らしい練習!

岩内に戻ったらすぐやろう!



まずは、そのサーキットの中のひとつMB走から


メディスンボールを持って300M走です。
(すぐに、三条高校を超える岩高サーキット完成させます)


65秒以内ノルマ
75秒インターバル
(本当は60秒ノルマでいきたいと
三条監督、Y先生もおっしゃてましたが)



さあ!いくで!いくで!いくで!



今日は午前中、フィジカル中心です。

やっと夏らしい気温になってきました!

この暑い中での走るメニュー!


最高だね!

またレベルアップできます!



1時間のミーティングの後

アップトレーニング
12分走
100M×2 (タイム測定)
1500M (タイム測定)

そして
MB走です!




全員が65秒をクリア!

できんじゃん!




選手たちはおもしろみを持たせようと
さらにリレー方式でやることを思いつきました。

負けた方はペナルティ腕立て50回・・・



リレー方式?




ちょっと待てよ、13名だから




チームにしたら・・・




一人足りないじゃん!






先生走りませんか?
と聞かれる前に、私は言いました。


「よし、俺も走ろう」




おっしゃ!やったるで!





さあ、はじまりました!

リレーでのMB走
私が入ったチームは、
かなりのリードをして、私の番です!


きたきたきたー







塩谷隆治!






36歳・・・。








激走・・・。








前半はまあまあ足が動いたけど・・・









長いぞ300M・・・











後半、急激な失速・・・


自分でもかなり感じた

「すげえ・・・失速してる・・・」






死にものぐるいで
(サングラスをしてたけど、たぶんものすごい形相)
次の選手にMBを渡しました・・・






嬉しかったのは、








私の激走の後に




皆、ハイタッチで私を迎えてくれたこと・・・





充実ー!



マネージャーが
「先生57秒です!」と
私のタイムを教えてくれました。



よし!




そして、先に2勝した方が勝ちというこのルールでは

私は、必然的に最低もう1本走ることになります。






300M

MBを持って

2本走りました。




2本とも、選手たちとのハイタッチ




私は本当に幸せな男だなと思いました。









その日、練習後、岩内から札幌へ行き

高校の同窓会へ出席したんです。




楽しかったです。

ただ、体がかなり充実してたので、

すぐに帰りました。



そして、帰りのバスの中で、

いつのまにか

私は深い眠りに入りました。







降りるはずのバス停を




はるかに通り越して、




目が覚めました。




「えっ!?どこ?ここ?」


急いで降車ボタンを押しました。




昼の全力300M×2本

激走に続き、



夜、さらに40分ほど

ウォーキングをしました!



ありがとう!



また、レベルアップしました!



今日食べたぶんのエネルギー

すぐに消費して


健康的?です!



夜道、幸せを感じながら


ウォーキング・・・


ツイてる!

ありがとう!


2009.08.09 Sun l 高校野球 l コメント (2) トラックバック (0) l top
人を幸せにしながら成長する野球部





チームコンセプトは、高くかかげて
少しでも近づきたいといつも思っています。


ウチの野球部はまだまだです。


今日は、真狩高校との合同練習と試合でしたが
真狩高校の5名の選手の方が元気が上でした。

返事・・・。
ボールを呼ぶ声・元気・・・。
監督に必死についてこうとする姿勢・・・

真狩高校の選手の方が、
元気でもって周りの人を元気にする
幸せにするオーラ持ってましたね

岩内高校の選手は
自分たちでも、まだまだと、
反省していました。


その反省がどう生きていくかな?

実践あるのみです。





合宿で嬉しいことがありました。



7月31日、夕張・帯広合宿出発日

朝5:30に出発して夕張に向かいました。

高速道路、金山パーキング

カラスに荒らされれ
ゴミ箱周辺がひどく散らかっていました。


自分たちで持ってきたごみ袋を持った選手たちが
その散乱したごみを拾い
まとめました。



ほんの数分の出来事だったでしょうか。




きれいになった!あースッキリ!


やってあげるではなく、やらせていただく・・・
奉仕活動の時の大原則です。
10年以上前、
当時、網走向陽高校のS監督さん(現在札幌西高校)から
教えていただきました。


以来、ずっと生徒に伝え続けています。


すがすがしい気持ちで、バスに乗り込んで
また夕張へと向かいました。





移動中、私の携帯に電話がかかってきました。
(もちろん車を止めて、携帯に出ました)

深川西高校野球部のの監督さんです。

「先生、金山でごみ拾いしたしょ?」
「えっ、高速ですれ違いましたっけ?」

「ラジオ!ラジオ!ラジオで紹介されてたよ!岩内高校野球部のごみ拾いの様子・・・」
「えっ!」



金山パーキングで、
私たちの行動を見てくれていた人がいて
そして、その行動をラジオ局に電話してくださったのですね。


電話をかけてくれた方の
その行動力の方が
私は、よっぽどありがたいです!


その方のおかげで
私たちの行動が、ラジオの電波にのせて
人の心に広がっていった・・・・


ありがとうございます!


無心で行った
やらせていただくの気持ちで行った
ちょとしたごみ拾いが
人を元氣にする力にできて本当に幸せです。


さらにラジオ局に電話して下さった方のおかげで
合宿から戻ったら
学校にメールが届いていました。

タイトル「活躍に感謝」
~今日の朝(31日)、STVラジオで匿名さんからの連絡で遠征中の
岩内高校野球部員の活躍が放送されていました。(中略)
感動をありがとう!
野球部の益々の活躍をお祈りいたします~
      社会福祉法人新篠津福祉会 T様より


なんてありがたいんでしょう。


レスポンスしてくれた方までいます。







人を幸せにしながら成長する野球部

今回、一歩前進ですね。




岩内高校野球部は、これからも

やらせていただくの気持ちで

奉仕活動を継続していきます。



この前行われた、岩内高校全校ボランティアでも
やってあげるではなく、やらせていただく
ボランティアの前に、全校で体育館に集まって
確認してから(プレゼンで生徒指導部で説明してから)全校で動きました。

「やらせていただく・・・」とつぶやきながら
掃除をしている生徒たちを見ていると
野球部だけではなく
(もちろん野球部もまだまだですが)
全校生徒に浸透する日も近いなと
ちょっとだけ思いました。




あとは大人が、どれだけ本氣になれるかでしょうか。





私たちの行動を見てくださり
ラジオ局にわざわざ電話をしてくださった方
本当にありがとうございます!

また、そのラジオを聞き
私に連絡をして下さった
深西野球部S先生、そしてメールをくださったTさん


ありがとうございます
嬉しかったです!



私たちは、また燃えています!


自分たちができることをひとつずつやっていこう!と。





一つ拾えば一つだけきれいになる
        by  鍵山秀三郎






2009.08.05 Wed l 高校野球 l コメント (6) トラックバック (1) l top
夕張・帯広合宿終了!
とてもとてもとても充実してました!

合同練習をしてくれた
帯広三条高校野球部さんありがとう!

学びがたくさんありました!
気づきがたくさんありました!

野球部の様子については近々HPを開設予定です。
ぜひご覧下さい!




さて、今日は

子どものセルフエスティームを育てる質問について
読んだばかりの
「まずは親を超えなさい!」苫米地英人さんの本からです。
これも勉強になりました。




セ・セ・セ
セルフエスティームっていったい何?



セルフエスティーム
=自尊心のことですが、正確には、自分のポジションに対する自己評価のことです


セルフエスティームの低い人は、
自分を向上させる意欲も希薄です。

自分を向上させる代わりに、他人の足を引っ張って
自分をよく見せようとします。

セルフエスティームの低い人が集まれば、
セルフエスティームの低い組織が生まれます

このような組織は、外部の人や組織に対する信頼感が薄くなりがちで
物事に対しても脅迫感を抱きやすくなります。当然、新規事業を行うことや
可能性に対する挑戦をおそれる傾向があります。

チームのパフォーマンスを上げるにも
高いセルフエスティームとエフィカシーが重要のようですね。
(集団的エフィカシー=コレクティブエフィカシー)


セルフエスティームを高めるには
自分に対してネガティブな評価をしないことが第一です。



さて、子どものセルフエスティームを育てる質問です!

毎日2つの質問をやさしく問いかけてみてください

「今日は、何かいいことあった?」
「明日、楽しみにしていることは何?」


子どもは、この質問に毎日答えることで、
次第にポジティブなものの見方と明日への期待感が身につきます
同時に、情動記憶にポジティブな刷り込みがなされ
自然にセルフエスティームの高い思考が身につくのです。


私は、合宿中に、この本を読みました。
八戸にいる娘と電話して
すぐに娘にこの質問をはじめています!


効果ありそうです!

子どもが、明日が楽しみになります!

そして、私自身も明日が楽しみになります!




2009.08.04 Tue l ツイてる日記 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。