上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
コートを脱ぎましたが、まだタイツはいてますシオヤでございます。

小樽潮陵高校PTA機関紙に掲載していただきました~感謝です!

小樽潮陵高校PTA機関紙




====================

・とにかく元氣になれるお話でした!
・今この時から向上できそうです。本当に楽しかったです。
・怒り過ぎの現状に氣づきました。子どもだけの問題じゃないかも…とも。ちょっと落ち着いてみます。
・「自分を許す」ことが、最近の自分にも足りなかったことと実感しています。
・家庭は明るく!何事も前向きにがんばります!
・受験生の親で毎日イライラしていましたが、今日から明るくなんとかなる!と思って息子と接しようと思います。
・まさに、本日イライラの絶好調の日で、聞けて良かったです
・すぐに実践できそうなことばかりで、さっそくやっていきます。
・とても元氣になりました。夫婦で聞けたこともさらに幸せを感じました。
・子育てだけでなく、職場でも活用できる元気になる内容でした。明日からも明るいオバサンで生きていきます。
・まだまだお話聞きたかったです。
・久しぶりにとっても楽しい時間でした。

====================


本当にありがたいです。


「PTAにしおちゃんくるの?いいな」
と生徒さんが、親に言ってくれるのも、とっても嬉しいです\(^o^)/



さあ、今日も顔晴りまっす!





しあわせ連鎖プロデューサー
しおちゃん
(シオヤタカハル)







スポンサーサイト
2016.04.25 Mon l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
仲間と、朝の学び(千歳寺子屋)

いつも、いろんなことを氣づかせていただきます。


==========

恋とは、相手が持つ所有物(容姿・性格・富・仕事・家柄などの属性)に価値を感じて一時的に高揚する、「相手に受容されたり相手を支配することによって、相手と一体化したい」と願う感情である。

愛とは、自分という存在の価値認識と成長意欲から生まれるものであり、相手がただ存在してくれていることへの感謝ゆえに決断し、永続的な意志と洗練された能力によって実行しようと努力する、相手の幸福を願い成長を支援する行為である。

「生きがいの創造~スピリチュアルな科学的研究から読み解く人生のしくみ」福島大学教授 飯田史彦(PHP)

==========

私は、この愛の定義にしびれるのでございます。

かつて、曽野綾子さんが愛をこう定義しました。

「その人のために死ねるか」


そのときも衝撃的でした。


今、仲間たちと、ともに愛を学び(笑)、また衝撃をうけております。

愛の定義は、こう続きます。

==========

第一に、「相手」という言葉で表現するものは、「他者」だけでなく「自己」でもあり、さらに広い意味での「愛」は、人間以外の生命や自然、ひいては地球や宇宙などに対しても向けられます。

第二に、「愛」のエネルギー源は、「自分という人間がいかに価値ある存在なのかという認識」と「価値ある存在としてもっと成長したいという意欲」といいう二つです。これらは、いくら利用してもも減ることのない、永遠のエネルギー源として、私たち人間に与えられた宝物だといえるでしょう。

第三に、「愛」の動機は、その相手が持つ所有物に価値を感じるからではなく、「その相手がただそこに存在してくれている」ということに価値を感じ、感謝するからでなければなりません。そうでなければ、相手がその所有物を失ったり、より多くの優れた所有物を持つ別の相手と出逢ったりすると、「愛」そのものの成立基盤も失われてしまうからです。

第四に、「愛」を実行するためには、ある時点で、「その相手を愛そう」という明確な決断を下さなければなりません。決断を伴わない「感情」は、時とともに変化してしまうからです。

第五に、「愛」を実行するためには、永続的な意志が必要です。それは一時的な意志ではなく、愛する相手に何が起きようとも「愛」を継続するという意志であり、たとえ愛する相手が死を迎えて物質的な形を失ったとしても、その相手と過ごした想い出をいつまでも大切にし、その精神(意識体・魂)への愛を永遠に継続するという意志でなければなりません。その意味で、本当に愛し合う者同士にとって、「死」はひとつの通過点にすぎず、二人は永遠に「ともに生きていく」ことになります。「死が二人を分かつまで」という言葉がありますが、本当は死でさえも、「愛し合う二人を分かつ」ことはできないのです。

第六に、「愛」を実行するためには、永続的な意志だけでなく、洗練された能力が必要です。いくら「この相手を愛そう」という意志を持っていても、その意思を実現するためには、この物質社会、人間社会における「人生」と呼ばれる修行の場で直面する様々な試練を、上手に乗り越えていくための能力を身につけなければなりません。

第七に、「愛」が決断、意志、能力を伴うものであるならば、私たちは、その実行のために、惜しみなく「努力」しなければなりません。愛は、実際の言動として現実化させる努力をしてこそ価値を生むのであり、ただ、心の中に持っているだけでは発揮しないのでは、愛とは呼べないのです。

第八に、「愛」とは、その対象の幸福を願い、同時に、その対象の成長を支援することです。まず、前者の「幸福を願う」というのは「与える」ということを意味しており、その対象からさmざまな所有物を奪い取ってしまうことも多い「恋」との違いを明確にしています。そして、後者の「成長を支援する」というのは、「愛」の行為が、必ずしも無条件の「ゆるし」や無制限の「与え」のみでは成立しないことを念頭におき、対象の精神的成長をうながすためには、場合によっては「ゆるさないそぶりをすること」や「与えないでおくこと」も必要であることを示しています。

第九に、「愛」は「決断、意志、能力に支えられた行為」です。「恋」とは違って、単なる「感情」ではありません。「感情」というのは、自然発生的に生まれるものであり、一時的であって、永続性は保証されません。したがって、「あの時は好きだったけど、今はもう、好きではなくなった」という時、私たちは「恋」という感情について語っているのです。また、「これまで、あなたを愛していたけれど、いまは愛せなくなった」というのは、正確にいうと、「これまであなたを愛していると錯覚していたけれど、本当は愛してなどいなかったということに、いま気づいた」ということを意味しているわけです。

以上のように、九つの項目からなる深い意味をこめて、私は人生における「愛」の定義を行っています。私たちは、このような愛の実行に挑戦するために、人生という挑戦の場に生まれてくるのです。なぜなら、この人生という挑戦の場では、愛の実行を阻害するあらゆる試練が用意されているからです。それらの試練に負けないで、どのような場合においても十分な愛を実行できるまでに成長したとき、私たちは、「人間」を卒業できることができるのでしょう。

「生きがいの創造~スピリチュアルな科学的研究から読み解く人生のしくみ」福島大学教授 飯田史彦(PHP)

==========




今日は、学びを発信することで、ココロにとめておきたいと思いました。



みなさまが愛と光につつまれますように。




しあわせ連鎖プロデューサー
しおちゃん
(シオヤタカハル)























2016.04.21 Thu l ツイてる日記 l コメント (2) トラックバック (0) l top
大きな地震が、熊本を襲いました。

2011年3月16日、東日本大震災直後
日本中が、深い悲しみに襲われていた時
北海道出身の精神科医
香山リカさんが、北海道新聞を通じて発信したメッセージです!

ぜひ、みなさんにお伝えしたい。


=======================

「あなたの力が必要」その日のために


日本を襲った未曽有の大惨事。
今はこの国に住むほとんどの人たちが、この大災害に関する情報、そしておびただしい映像に連日接し、これまでと違った毎日を送っている。たとえ、直接、大きな揺れを感じたり津波を目撃したりしない人でも、かなりリアルな「疑似体験」をしていると言っていい。
そうなると、私たちの心は、被災地にいるにも匹敵するような大きなダメージを受ける。そこには心の傷、つまりトラウマも発生する。実際、テレビの映像だけから深刻なトラウマ後遺症が発症した例が、アメリカの同時多発テロの後、いくつも報告されている。

(中略)

被災地で実際大きな打撃を受けた人が無数にいるのに、そこから離れた場所にいる人までが、トラウマで心身を止んでしまったらどうなるだろう。助けの手を差しのべるべき立場にいる人が、心のケアを必要とするようになる、といった事態は、なんとしても避けなくてはならない。

これからは、日本中がお互いを支え合い、励まし合って、立ち直っていかなくてはならないのだ。そのためにも、まずすべきことは、自分で自分を守ること。そうできる人は、ゆっくり体を休め、食事をきちんととり、お風呂に入って体をあたためる。「被災地の人に申し訳ない」と思う気持ちもわかるが、そうやって自分を維持することが直接、被災していない人の義務だと思う。

「あなたの力が必要」といわれるその日に備え、自分の生活と健康を守る。それが今、私たちにできる最大限のことなのではないだろうか。

北海道新聞 3月16日(生活面)
精神科医 香山リカ さんのメッセージ


=============================


「あなたの力が必要」その日のために…



私たちは自分の健康を守ることをしっかりとして
自分のできることに備えていくいことも必要ですね。


私たちが、やるべきこと。

自分が、自分の健康をしっかり守って
できることに備える。





このブログを読んでくださっているみなさん。



ありがとうございます。

チカラをあわせていきましょう。








2016.04.19 Tue l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「まさこ、もしかしてカレシできた?」

「なによ!よしみ、急に…カレシいないから!」

「なんかさ、前よりもオーラ出てるっていうか…なんか...あきらかに…違う」

「やっぱり?わかっちゃう?」

「わかるよーーーー何、何、恋してるんじゃないの?好きな人ができたの?」

「うーん、そういうのじゃないの!恋とはちょっと違うんだけど・・・なんか、人生について考えるようになったの。しかもプラスに考えるように…」

「ちょっと、何、何ーーーーーそれ!ちょっと前まで、あんた、ぐずぐず悩む感じだったのにーーーーー」

「すべての物事には意味があって、そして価値があって、今は苦しいな…と思えることでも、すべて自分のために、自分の成長のために用意されているものだって、思えるようになったの」

「ちょっと!何よ、その変わりよう…」

「人生そのものを芸術化していこうかな…なんて」

「あんた変わり過ぎ!何したの?」

「ヒミツ知りたい?」

「えー知りたい!知りたい!!!」

「塾に通ってんのよ」

「じゅ、じゅく?まさこがジュクーーー?」

「塾って言っても、ただの塾じゃないのよ」

「ただの塾じゃないってなによ」

「ココロの塾なの」

「ココロの塾?」

「笑華尊塾っていうのよ」

「しょうかそんじゅく?…ちょっとひくな、私…ココロの塾とか…宗教?」

「宗教とかではないのよ。塾長のしおちゃんは、いかなる宗教にも属してないけど、どこの宗教も否定してない。その、しおちゃんが、また面白いのよ」

「しおちゃん?しおちゃんったら、あのしゃべるネコじゃん」

しおちゃん猫


「(笑)しおちゃんといえば、ねこちゃんの方が知られてるかもね(笑)、私の言うしおちゃんは、もと高校の体育教師で、やめて笑華尊塾やってんのよ」

「学校辞めるって、なんか悪いことでもしたの?」

「(笑)普通、そう思うよね。でも、自分で辞めたのよ。【教育】とか【ココロ】とか別の角度から切り込むって…」

「ふーん。しおちゃんの画像とかある?」

「もちろん」


伝筆を使ったチラシ2


「こんなのもあるけど…」



人生そのものを芸術化する







「やっぱり、あやしいんですけど?」

「普通に考えたらね(笑)学校に講演とかも行ってるよ。けっこう新聞とかにも載ってるみたい」

塩新聞苫小牧

塩新聞道通




「ふーーーん、何話すの?」

「【元氣アップ】がテーマなんだけど、とにかく面白いのよ。けっこう高校生の感想出てるよ。99.7パーセントがわかりやすい。90パーセントがためになったってすげくね。普通講演とかつまんなくてみんな寝てるし」

江別高校さん感想
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/blog-entry-1695.html

「ほんとだ。今での人生の中で一番よかったって…」


「こっちが、最近の教育委員会主催のアンケートみたい」
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/blog-entry-1899.html


「中学生もね。最近、青森の中学生にもお話してるね」
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/blog-entry-1898.html


「ふーーーん。感想だけ読むと、ちょっといいかも、だけど・・・しおちゃん、本とかは出してないの?」


今年出版するみたい!でも、今、載ってるのもあるのよ!【愛しのはんかくさい人物語】って本にのってるから見て~これは私持ってる!貸すから今度!」

はんかくさい


「へえー」


「てか、一度、一緒に行こうよ。笑華尊塾。てか、笑華尊塾以外にも、いろんな講座やってるから、行こう。一緒に!」

「えー。なんかこわいな~」

「こわくないから!(笑)いろんな大人たちとも出会えて楽しいよ。まあ、このムービーとか見てみて!46秒」





「ほんとだ。なんか面白そう…まさこがそこまで言うんなら、ちょっと行ってみようかな…」



「大人の秘密作戦会議とかもあるよ」
https://www.facebook.com/events/1704697026482652/



「あやしさMAXだし、それ(笑)」


「そうそう、しおちゃん、ミュージシャンともけっこうコラボしてんのよ!」
https://www.facebook.com/events/1693768114245934/

月猫FB(改訂版)用


「音楽?ライブとかは好きよ!それなら、ちょっと行ってみたいかも!」


「よし!行こう!しおちゃんの、ライブは今度、帯広だね」


「お、帯広?行っちゃうわけ?あんた」

「もっちろんね。よしみと一緒に行けるの嬉しいな♪」

「てか、私、帯広まで行くって、まだ言ってないから」


「もう、まずは、会ってみてよ。たとえば、美味しいラーメン屋さんとかって、食べてみないとわかんないじゃん!それと、一緒、まずは会ってみて!」

「あんた、たとえ方、うまいね(笑)」



「さあ、今日もガンバロー!そう、ガンバルは、顔に晴れるってかいて、顔晴るね」


「ほんと、変わったわ、あんた…」







シオヤタカハルHP
http://syoukasonjyuku.jimdo.com/



















2016.04.01 Fri l (=´∀`)人(´∀`=) l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。