雰囲氣…とっても大事ですね。

管理職研修では、特に、こんなところを深めながら…



==========

雰囲気の力



黙っていても人には力があります
雰囲気は 力をもっています

その力は 大事な仕事力そのものです
判断したり 分析したり
書類を作成したり 指示を出したりすることだけが
仕事をしていることではありません

座っているだけでも 人は仕事をしています

職位が上になればなるほど 
いるだけで力を発揮しています

いるだけで周りを暗くする人は 
体から菌が出ています
「やる気なくし菌」です

それをばらまいていると 周りの人に感染します
そこから菌が増殖しだします

こんな人はいるだけで 
黙って座っているだけで
どう考えてもマイナスの仕事をしています

あなたの周りにそういう人はいませんか
いないとホッとする人です

反対に その人がいるだけで周りの人を元気にして
みなのやる気を高める人がいませんか

きっと前向きで明るい人でしょう
体から人を元気にするパワーが出ている人です

さて あなたはどちらの自分でいることが多いですか


「考えてみる」大久保寛司さん(文屋)


==========






本日のハッピークエスチョン
あなたをやる氣にさせる人は、どんな人ですか?





今日もすてきな1日に~!




しあわせ連鎖プロデューサー
しおちゃん












スポンサーサイト
2016.09.24 Sat l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
みなさま~すごい天気ですね~。絶好調サマーです。あつっ!

さあ、気まぐれで(笑)ブログ…しおが届けするメッセージ…
「悩みこそ宝、違和感こそチャンス」…今日はこんなお話を~

==========

「あの人はなぜ、私を傷つけるようなことを言ったりするの?」
「こんなにがんばっているのに、どうしてうまくいかないの?」
今、あなたもこんなモヤモヤした思いや悩みを抱えているかもしれません。

私はいつも「悩みこそ宝、違和感こそチャンス」
と考えています。
疑問や悩みの中には、「しあわせの種」が詰まっているからです。

悩みの「悩む」という漢字は、人の心を示す「りっしんべん」と「ツ」「凶」からできています。

「凶」はおみくじにある通り、最悪の状態を示しているかのように思えますが、そうではありません。凶よりももっと苦しいのは、囚われているとき。
「囚」という字は、人が四角の中に閉じ込められていて、外に出られない状態だからです。

一方、凶という字は、天井が開いていて「何かに氣づけば、上からでられますよ」という意味なのです。

私の目には悩みという字の「凶」の上にある「ツ」は太陽の光が降り注いでいる様子のように見えます。言い換えれば、これは自然界の中にある神様の心。
つまり、「悩んでいるあなたの心はいつも神様に見守られていて、太陽の光を乗り越えられますよ」という意味なのです。

「女神塾~幸せで愛される女になる43のヒント」天宮玲桜(三笠書房)より

==========


ワタクシ、実は、この天宮玲桜さんに、メッセージをいただいたことがあります。
(彼女は、実は霊能者でございます)

いつか、そんなお話も(笑)


今日もみなさまが愛と光につつまれますように。



しあわせ連鎖プロデューサー
しおちゃん
(シオヤタカハル)








2016.09.01 Thu l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top