私は、泣きました。

それをみなさんにも伝えたい。
魔法団の先輩Nickアニキがシェアしてくれた。

笑華尊塾の千歳開催や
テレビ出演でたくさんのメッセージをいただいたお礼など
いろいろ伝えたいことあるのですが
今日は、まっさきに、これを伝えたいです。


==============
来日中のブータン国王、
ワンチュク陛下の国会での挨拶
(新聞記事の引用)
==============


《皆様が復興に向けて歩まれる中、われわれブータン人は、みなさまとともにあります。
われわれの物質的な支援は、つましいものだが、われわれの友情、
連帯、思いやりは、心からの真実味のあるものです。
われわれブータンに暮らす者は、常に日本国民を親愛なる兄弟、
姉妹であると考えてまいりました。
両国民を結びつけるものは、家族、誠実さ、そして名誉を守り、
個人の欲望よりも、地域社​会や国家の望みを優先し、
また自己よりも公益を高く位置づける気持ちであります。

 2011年は両国国交25周年の特別な年。
しかし、ブータン国​民は常に公式な関係を超えた特別な愛着を日本に抱いてまいりました。
私は我が父とその世代の者が、何十年も前から日本がアジアの近代化を導くのを
誇らしく見ていたのを知っています。
すなわち、日本は開発途上だったアジアに進むべき自覚をもたらし、
日本の後に続いて、世界経済の最前線に踊り出た数多くの国々に希望を与えてきました。

 日本は過去にも現代もリーダーであり続けます。
このグローバル化した世界で、技術と革新の力、勤勉さと責任、強固な伝統的価値の模範であり、
これまで以上にリーダーにふさわしいのです。世界は常に日本のことを、
大変な名誉と誇り、歴史に裏打ちされた誇り​高き伝統を持つ、不屈の精神、
断固たる決意、そして何事にも取り​組む国民、知行合一、
ゆるぎない強さと気丈さを合わせ持つ国民であると認識してまいりました。
これは神話ではなく、現実であると申し上げたい。

 近年の不幸な経済不況、3月の自然災害への対応にも示されている。
みなさま、日本、日本国民の資質を示された。他の国であれば、
国家をうちのめし、打ち砕き、秩序、大混乱、悲嘆をもたらしたであろう事態に
日本国民のみなさんは最悪の状況下でさえ、静かな​尊厳、自信、規律、
心の強さを持って対処された。文化、伝統、価値にしっかりと根付いた
このような卓越した資質の組み合わせは、われわれの現代の世界で他に見いだすことは不可能です。
すべての​国がそうありたいと切望しますが、日本人特有のものであり、
このような価値観や資質は、昨日生まれたものではなく、何世紀も歴史から生まれてきたものなのです。
それは数年、数十年で失われることはありません。

 そうした力を備えた日本にはすばらしい未来が待っていることでしょう。
日本は歴史を通じてあらゆる逆境から繰り返し立ち直り、
世界で最も成功した国のひとつとして地位を築いてきました。
さらに注目するべきは、日本がためらうことなく、世界中の人々と自国の成功をわかちあってきたことです。私はすべてのブータン人にかわり、心からお話しています。
世界は日本から大きな恩恵を受けるであろう。
偉大な決断、静かな尊厳と謙虚さを兼ね備えた日本国民。
ブータンはみなさんを応援し、支持してまいります。

 ブータンは国連安全保障理事会の議席拡大の必要性だけでなく、
日本がその中で主導的や役割を果たさないといけないと考えております。

 ブータンの成長と開発における日本の役割は特別なものです。
日本から貴重な援助だけでなく、励ましもいただいてきました。
日本国民の寛大さ、より次元の高い自然の絆、精神的な絆でブータンは​
常に日本の友人であり続けます。
日本はブータンではもっとも重要な開発パートナーだ。
感謝の意を伝えられることができて大変うれしい。
両国民の間の絆をより強め、不断の努力を行うことを誓います。

 改めて、ここで、ブータン国民から日本の皆様へ祈りと祝福を伝えます。
列席のみなさま、簡単ではありますが、
私どもの国の言葉で話したいと思います…(しばし通訳ストップ)…。
今、私は祈りを捧げました。
小さな祈りですが。日本、日本国民が常に平和と安定、調和、
これからも繁栄を享受されますように。

今日はありがとうございました(盛大な拍手)》



なんて、なんて素敵なココロに響くスピーチなんでしょうか。

ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。

ブータン国王
ワンチュク陛下…。

ありがとうございました。
スポンサーサイト
2011.11.19 Sat l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1167-1c692547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)