千歳市の情報紙「市民情報文化ひろば」に取り上げていただいた記事のパート2です。

『絵本セラピー』について

DSCF4454_convert_20120203033638.jpg



記事より

↓ ↓ ↓ 

========

絵本セラピーって? その二

先月の続きです。「絵本セラピー」の塩谷さんはなぜ、安定した教師を辞め、この道に入られたのでしょうか?「現場にいて、子どもの心の問題に、学校とは違う角度から切り込んでみたくなった」なんとカッコイイ返事でしょう!

もうひとつの質問。「大人に絵本を読む理由は?」「子どもたちの不登校やひきこもりを考えたとき、まず師である大人が元気になり、明るい笑顔でなければと思ったんです」なるほどなるほど、子どもは親の背中を見て育つんですよね。

セラピーの最後は褒めてもらいたいことを書きました。そしてシェアして読みあいました。「褒めてもらうと、心が和み、体温が上がるんです。ほめほめワークをやりましょう!」と爽やかに言われると、なんだか恥ずかしさもなくなって、不思議と心がハイになる。

子どもたちのために、大人は元気で明るくいかなくっちゃあ!

ほっこりした気分が長く続いた一日でした。

========


ありがとうございます。


どうぞ、『絵本セラピー』に興味を持ってくださった方は、プラット22で講座を展開します。ぜひ、体感してみてくださいね!



今日も素敵な1日に!

これから、経営者モーニングセミナーの講師に行ってきま~す!





本日のハッピークエスチョン
ご先祖様に、どんな方法で感謝を伝えますか?


スポンサーサイト
2012.02.03 Fri l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1263-929182b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)