『別に極意というほどのものはない。ただ油断をしないのが第一だ』
「剣道の極意とは?」と尋ねられた伊藤一刀斎 氏のコトバ


DSCF5013_convert_20120223045303.jpg



油断

コトバの由来は、インドの王様が1人の家臣に油の入った鉢を持たせたまま歩かせ「一滴でもこぼせば、命を断つ」と命じた。
家臣の後ろには、刀を抜いた男が見張っていたので、その家臣は一瞬たりとも気をゆるめることはできなかった…ということらしい。



私は、昨日、油断をしていました。
松葉杖歩行中に大転倒をしたのです。


床の水が見えず、左の松葉杖の足をとられ(体重をかけたときにつるっと滑った)、手術した左足を激しく地面に着いたのです。


激痛が走り、そのままものすごい倒れ方をしました。
無意識に私は激痛の走る…患部をおさえました。




病院内での出来事です。



看護師さんたちがとんできました。
うずくまり、痛みに耐える私でしたが、
看護師さんたちに囲まれたとき、
妙な安心感がありました。


「大丈夫、すぐに診てもらえる。
病院内でよかった…」
そんなこと考えてました。


プロの技で、私は車いすにのせられ
すぐに診察室に運ばれました。




最悪は、手術した部分の再断裂です…。


私のオペをしてくださった杉ドクターがいてくれた。
さらに安心。







「大丈夫、切れてないです」


よかった・・・。



せっかく手術して、つないでいただいたアキレス腱を
自分の油断で転倒して、また切っちゃうなんて申し訳なさすぎる…。



この日、私はリハビリに来ていたんです。


整形外科でファイルをもらって、リハビリ室に、向かう途中の出来事でした。



この日のリハビリは当然中止。



というか、自分では名付けて
「一瞬の1人リハビリ!~激しいクラッシュに耐えられたぼくちゃんのアキレス~」長っ(笑)←笑えねーぞのツッコミはいりそう







油断した…。

と、とにかく思いました。


入院中も、廊下の水たまりで、着いた右足がちょっとすべって、ヒヤッとしたことがあり、「あ、水たまりは注意!」とわかっていたんです。
だから、松葉杖で歩くときは、いつも研ぎ澄ましていた。




でも、この日は、完全に違うこと考えてた。

研ぎ澄ましてなかった。

完全に油断していた。






学びます。

この出来事から。






幸い、痛みもひきました。



本日23日、小学校にも行けますし、絵本講座も行けます。
最幸のパフォーマンスをします。


油断せず、そして大胆に!

あえて、大胆素敵というコトバにしてみました。






生かしていただき、ありがとうございます。

氣づきを、ありがとうございます。



長くなってしまいました。
長文読んでいただき、ありがとうございます。ペコリ。




あなたに、愛と光がふりそそぎますように。





本日のハッピークエスチョン
油断してませんか?



千歳のみっちゃんが
スバラシイアイテムをくださいました。感謝です。あったか~

DSCF5008_convert_20120223045350.jpg




スポンサーサイト
2012.02.23 Thu l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1290-7d05e8dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)