研修がマンネリ化
研修がつまらない
研修がプラスに働いていない、行動に結びついていない
こんな研修うけてるなら現場で仕事を覚えたほうがいい
講師に当たりハズレが多すぎる…
ムダな研修が多い…


↓ 


刺激がある!今までこんなカタチは受けたことない!
面白い!笑いと涙と感動がある!
研修終了後、コトバが変わった、行動が変わった!
現場で仕事を覚えるのと確実にリンクしている
講師のやり方が見えたら、紹介しやすいね。
チーム力がアップするこんな研修なら毎年みんなで受けた​い!


そんな時間をプロデュースできたら…

IMG_9966_convert_20120219134455.jpg




経営者さま、研修担当者さま、研修講師の皆さま、その他研修に興味のあるすべての皆さまへ(学校関係者の方もヒ​ットしてくれたらとっても嬉しいです)

研修というものは、実に多くの方々が関わっています。そして、実際やってみないと講師の実力がわからないもので​す。何をやるか見えずらいです。

そんな研修を提供する方々が安心して研修を提供できるように、新しい研修のカタチを体感する勉強会はいかがでし​ょうか。


15年間本氣で公教育と関わり、ココロを別の角度から切り込みたいと思い、教育現場をとび出しました。


教員時代からすっと、ココロについて、そして教育について研究を続けています。


『教育』と『元氣アップ』を専門とするシオヤが、本氣で企業研修のプログラムを組んでみました。

すでにいくつかの企業さんで研修に入らせていただいております。
「教育」というキーワードから、上司と部下の関係、お客様との関係…いろんなギャップや思い違いを埋めていきます。


愛されるチームに…さらに組織が進んでいきます。


経営者の方が、自ら体感いただく(とっても志高き経営​者の方と思います)、もしくは研修担当者の方を送り込ん​でくださったら嬉しいです。また、先輩社員の方が、新入社員の方と一緒に、「ちょっと一緒に勉強しにいくぞ!」​と参加していただくのもステキです!

シオヤがどんな研修を企業さんに提供できるのか見たい方もウエルカム!


新入社員の方や学生さんからもすでに応募あります。
学校の先生も参加申し込みしてくださっています。感謝!


どんな方でもいらしてくださいね。



『ワクワクしながら確実にチーム力がアップする研修の体感勉強会』


◆日 時
平成24年4月16日(月)
18時30分~21時30分

◆場 所
札幌エルプラザ 工芸室(3F)
札幌市北区北8条西3丁目(さっぽろ駅地下直通)

◆内 容

・研修の概要・説明
・実際の研修(この日は社員全員での全体研修をイメージしてプログラム・研修をそのまま体感していただきます)

第1部 元氣アップ~やる氣スイッチオン~
《講義型が中心です》
・目標設定と脳
・吉田松陰先生の松下村塾に学ぶ
・日本人のルーツ
・21世紀型の働き方~ワンピースとミニスカート~
・FB活用術
・ココロの病対策~コミュニケーション~
・震災・逆境から復興へ

第2部 チーム力アップタイム「自親パ会」
《ワーク型が中心です》
・輝き続ける大人であるために
・しあわせの連鎖をおこすチームつくり
・人財がうじゃうじゃ育つ
・こうていペンギンの法則
・湧き出る力を生み出すES&MQ

◆会 費
3,000縁

◆お申込み
①FB画面、参加にポチッとしていただく
または
②メールにて、氏名「4月16日 参加」と記入いただき
sowaka0358shio@ybb.ne.jp まで

022_convert_20120331084307.jpg



新しい、企業研修のカタチをどこよりもはやく。

ココロを学んでいる企業さんが、やっぱり強い。
魅力あふれる社員さんがいる企業さんが、やっぱり強い。

人をしあわせにしながら成長するチームに!


今、小学生・中学生・高校生・大学生への講演や先生方の研修、職業訓練を受ける方々への講義、ひきこもり視線相談士養成講座での講義、子育てママさんたちが中心のときもあれば、経営者モーニングセミナーで経営者の方々への講演・さまざまな企業研修・講演、老人ホームでの絵本セラピー…など

実に幅広い年齢層の方々にお話をさせていただいております。
活動をさせてもらっています。

教育分野の目線だけでなく、企業人・経営者としての目線だけでなく、親としての目線だけでなく、すべてを融合してプロデュースしていけることが自分の強みです。



DSCF5509_convert_20120327040826.jpg





みなさんの参加をお待ちしています。





しあわせ連鎖プロデューサー
ココロの塾『笑華尊塾』 代表
シオヤタカハル
スポンサーサイト
2012.04.09 Mon l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1334-93b0d60f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)