NLPの本を読み返しています。

NLPとは人間のコミュニケーションに関する学問です。

心理学と言語学をもとに体系化して創られました。


最近の私の読書は、
本を繰り返し読むという形に変化しています。


そして、特にこのNLPの本の中で
私の頭にこびりついて離れないことばが、
次の2つです。





=======================================




コミュニケーションとは
相手の意欲を引き出すこと




肯定的意図 
  すべての人の行動の裏側には
肯定的な意図がある





=======================================




私の働きかけが、生徒の意欲を引き出すものになっているかどうか?

自分と接している人たちの表情や態度をしっかりと見ているか…













自分と話をすると、相手が意欲的に変わっていく



プラスのパワーで、接する人を元気アップさせる!



これが、今の段階での私の理想ですね。




私はまだまだです。


私の言葉を聞いて、顔がダメになっている生徒います

朝、玄関で生徒に声かけをしている時、
私に会いたくないな、なんか言われるのイヤだな
という顔している生徒います





そのために、私はいろんな視点から物事をとらえ

いろいろな手法を身につける勉強を継続していきます。




一瞬でその場面に、最適な関わりの仕方をチョイスできる。




1つのやり方だけでは限界があると思っています。



「父性」と「母性」と「子ども性」と原田隆史先生は表現しました。

実にわかりやすくポイントを説明していると思います。









肯定的意図…



どんなに悪さをする子にも、否定的な行動を繰り返す子にも
結果として、行動は否定的ですが、その行動の裏側にも肯定的意図がある…。


法律をやぶってはいけないこと、
ルールを守ることを教えながら、
同時にポジティブな人間関係を作っていくこと。




深いです。




そして、その肯定的意図が見えてきたら

その子の改善も見えてくるかも。




同じ手法だけで、あいつ全然良くならん…

ではなく、私たちの進化が求められています。





大人の我流はとても怖い。




私は、いかなる宗教団体にも属しませんが
この「肯定的意図」というキーワードから
「怒り」を全面否定したブッダの教えにリンクします


「怒らないこと」という著書より

====================================


「私は、正しい」と思うから怒る


====================================


私は、「幸福の研究」と同時に

「怒り」とは何なのか

というところも勉強しているところです。






人間だから感情的に「怒る」のはあたりまえだ…

人間だから仕方がない…



というのは、どうも違うようです。





続きはまた!






今日も最幸の1日を!!!

すべての接する人に

肯定的なストロークを打ちまくりたい!!!






今日も朝から玄関で、生徒へ声をかけ続けます。

6~7年前、先輩教員に指摘されたことがありました。



「お前、スカートに声かけしてんのか?」



私は気が付いたら

「おはよう!スカート!!!」

と繰り返し言っていました。





今は違います。

違うと思っています。




進化し続けたい。


スポンサーサイト
2010.02.15 Mon l ツイてる日記 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

ありがとうございます!清の生徒指導部長様
清の生徒指導部長様

先生とご縁があり本当に嬉しく思っています。
プレゼンありがとうございました。
大変勉強になりました。

今後も勉強させてください。

> さらに、丁寧にお葉書までいただきありがとうございます。

「複写はがき」(坂田道信先生)
というのを昨年1月から始めて
はがきの実践…も大切にしています。

3月お会いできるのを楽しみにしています!
2010.02.17 Wed l shio358. URL l 編集
No title
教師塾お疲れ様でした。
さらに、丁寧にお葉書までいただきありがとうございます。

また、3月にお会いしましょう。
2010.02.16 Tue l 清の生徒指導部長. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/146-1b974d71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)