日本人なら、必ず身につけたいな~と思うものに

『正しい箸使い』

があります。




私、タバコを吸う人は、それこそ、
個人の自由と思いますし、人に注意もしません。

今は、どうせ吸うのだったら、
とっても美味しそうに、体に良いと思って吸って~と言ってます(笑)

(ただ、私は吸わないことと、
自分の中では吸う行為を『カッコイイ』とは思ってませんが)




ただ、箸使い については…


『日本』が意識

しなければ…


と思っているところです。






箸を正しく持てるか…と言う問題は

たんにマナーの問題ではなくて、
とっても重要な意味を持っています。



赤ちゃんが成長し、自分で食事をするようになると、
まず、フォークやスプーンを使います。


そして次に、箸を持たせます。


このとき、最初からきちんと持たせるのは、難しいので、
少し慣れたところで正しい持ち方に直します



ココが難しいところなのです。





他のほとんどの躾は、最初から正しいやり方を教えられます。
(パンツのはき方、おしっこ、うんちの仕方など)


箸の場合は、まがりなりにも少し握り方を覚えて、
すでに使えるようになってから
そのもち方を根本的に変えさせます。

子どもにしてみれば、大きな抵抗感を覚えるでしょう。


また、親にも、箸を正しく持たせたい。
という意識がなければ、この箸を正しく持たせるという躾は、
続かないでしょう。


「せっかく持てるようになったから、無理に直さなくても…」
という感覚でしょうか。


もしくは、
箸を正しく持つことが美しいという意識が
親にゼロでしたら、
そこに文化の継承は発生しません。



そして、箸遣いがちょうど5歳ころに躾けられることにも意味があります。



5歳ころに正しく躾けられているか
つまり、自己中心的な人間となるか
他者からの支援を素直に受け入れやすい人間になるかどうか。



ひとつのポイントなのです。
(すべてじゃないですよ。ポイントのひとつということ)



『正しい箸使い』というハードルを
超えているかどうか。





もちろん、そのハードルを超えていない人にも、
ステキな人はたくさんいるでしょう。


その他の、教育活動の中で培った
素晴らしい要素でカバーしているのでしょう。




※そして、自分で氣がついて
みっともないから自分で練習して…という方も多かったりします。
(それくらい、文化の継承が日本ではおろそかになってたともいえます)




正しく箸を使えても、残念な人もいるでしょう。




ポイントのひとつということです!!!


DSCN0041_convert_20130411074239.jpg






正しい箸使いという日本文化…


私は、伝えていきたいです。









今日もステキな1日に!







しあわせ連鎖プロデューサー
シオヤタカハル






もしも、大人の方で、
私のブログを読んでくださり

自分の箸使いがイマイチだなっと思って
そこから、直そうとする方がいらしてくれたら…

とっても嬉しいですし、
ものすごく素直な、
学びの姿勢のある方と思います。



おそらく、ご先祖様が喜ぶ生き方をされているでしょう。



スポンサーサイト
2013.04.11 Thu l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1466-5c603d3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)