上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『自閉症スペクトラム障害
のある人が才能を活かすための
人間関係の10のルール』

テンプル・グランディン
ショーン・バロン
門脇陽子 訳 

DSCN0043_convert_20130411141454.jpg


この本の第3章
◆人間関係の暗黙のルール10か条◆

次回のワークの、参考になりそうです。

①ルールは絶対でない。状況と人によりけりである。
②大きな目で見れば、すべてのことが等しく重要なわけではない
③人は誰でも間違いを犯す。一度の失敗ですべての失敗が台無しになるわけではない。
④正直と社交辞令を使い分ける
⑤礼儀正しさはどんな場面でも通用する
⑥やさしくしてくれる人がみな友人とは限らない
⑦人は、公の場と私的な場とでは違う行動をとる
⑧何が人の気分を害するかわきまえる
⑩自分の行動には責任をとらなければならない

テンプル・グランディンさんの
『我、自閉症に生まれて』は、
自閉症克服者本人が、世界最初に出した本です。

結論のみ紹介

自閉症児を扱う人たちは、たったひとつの方法にのみ頼るようなわなに陥ってはならない

治療計画のもっとも重要な構成因子は、自閉症児に語りかける、愛にあふれた人々が存在していることである。
スポンサーサイト
2013.04.11 Thu l 絵本・本 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1468-abad0452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。