笑華尊塾は月に1回ペースで展開しております。

ぷち…は、ぐぐっとテーマを絞って
(リクエストなどにもお応えしながら)やっているところです。

今回のぷちは
あまりにもマニアックな実践・複写はがきについて

そしてマニアックな学びにしてはいけない森信三先生
経営者のみなさんには、よく知られているのですが
案外…教育現場で知られてなかったりする・・・森信三先生

森信三先生を知っている方も、はじめて知る方も
どうぞ、素晴らしい実践・教育哲学…一緒に学びませんか~


『ぷち笑華尊塾~森信三先生・複写はがき研究~』


◆日時
平成25年5月26日(日)
9時30分~12時

◆場所 
札幌エルプラザ 工芸室(3F)


◆内容

第1部 森信三先生研究

・森信三先生とは
・森信三先生のしびれる実践・コトバを感じる
・『幻の講話』 を読み込む など


第2部 複写はがき研究

・すごい経営者たちが実践している、複写はがきとは…
・複写はがきの書き方講座

(特典) 
参加のみなさま全員に、すぐに書ける
『複写はがきセット』をプレゼントいたします。

◆会費
2,000縁


◆持ち物
ボールペンをお持ちください。



===森信三先生===

永遠の道標を示す実践哲学者

1. 国民教育の友として多年の献身
2. 東西文化の融合をめざして「全一学」を創唱
3. 膨大な著述と全国の行脚を通して
「人間の生き方」を懇切・平易に説き、多くの人に感化を与えました。


[ しつけの三原則 ] [ 学校職場の再建三原則 ]、
主体的人間になるための [ 立腰教育 ] などをひろめ、
森信三の教えは
学校や企業での研修教育に採用されています。



===複写はがきについて===

坂田道信さんは、昭和46年に森信三先生のお話を聴いてから
感銘をうけ,ハガキ書きをはじめたそうです。

森先生は、講演の最後にこう言われました。

「義務教育を終えた者なら、
 最低三つのことは実行しなさい。

一つは、あいさつ。
もう一つは、お辞儀。
三つめは、ハガキを書くこと。」

そして講演の会場で「複写はがきの元祖」徳永康起さんと出会い、
複写はがきをプレゼントされました。

坂田さんがはがきを書く環境はこうして整いました。

始めは辞書を引きながら1枚のはがきに最低3個の漢字を入れようと
格闘しました。

そのうち「はがきの筋肉」が付いてすらすら書けるようになり、
1日30枚書くことを自分に課しました。

返事も全国からやって来て、悪い気はしません。
こうして、はがきを書き続けて、いつしか慢心するようになったころ、
仏通寺の北村慧光和尚にこう云われたそうです。

「はがきは書くものではなく、書かせていただくものですよ。
書くことは相手の方の幸せをお祈りすることなんですよ」



========


森信三先生について、そして複写はがきについて…
共に学びましょう!
スポンサーサイト
2013.04.20 Sat l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1478-69be3702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)