「先生!胎教に良い絵本を教えてください!」


はい!喜んで。


まず、おなかの赤ちゃんに絵本を読んであげたいというキモチが素晴らしいですね~。

そして、絵本は大人が感動するくらい、
とっても質が高くて、よくできています。

絵本に注目していただき、とっても嬉しいです。



さて、胎教に良い絵本とは…









お母さんが、絵本コーナーに行って、

「あ、これ、面白い!」
「これ感動する~!」
「これ、読んであげた~い」

という絵本です!!!






赤ちゃんは。お母さんの良い心理状態も、一緒に味わいます。

「お母さんの声…優しいな~」




どうぞ、絵本コーナーで、絵本選びも楽しんでくださいね~。





私のオススメ絵本も紹介しておきますが
参考までに…でございます。


『ちいさい あなたへ』 
アリスン・マギー ピーター・レイノルズ (主婦の友社)


『はなになりたい』
すまいるママ (にいるぶっくす)


『パパのしごとは わるものです』
板橋雅弘 吉田尚令(岩崎書店)


『まねっこでいいから』
内田麟太郎 味戸ケイコ (瑞雲舎)


『かおかおどんなかお』
柳原良平 (こぐま社)

 



『かおかおどんなかお』は、生まれてからも、とっても楽しめる本です。
『ぱぱのしごとはわるものです』『はなになりたい』は、
おとうさんにも読んでもらって、おなかに語りかけてもらったらステキだな~とイメージしています。



お気に入りの絵本をどうぞ、見つけてくださいね!




本日のハッピークエスチョン
あなたの、お気に入りの絵本を教えてもらえますか?















スポンサーサイト
2013.04.22 Mon l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1479-163a8f86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)