「うつ」「ココロの病気」「精神科」「自死」「クスリ」…

これから、ますます勉強が必要な時代に突入しています。

薬を使わない精神科医みやじっち先生のお話
北海道で聞ける大チャンスです。

私も一度聞いておりますが、生徒・患者様・子ども・仲間・同僚…すべての「ココロ」と向き合う方々、ぜひ、ぜひ!聞いていただきたい内容です。

miyajitti622.png




========

現在、薬を使わない精神科医として湯島清水坂クリニックで院長をされている、
宮島医師が7年間自分自身のうつ病と向き合い気づいたこと。

なぜうつになり、なぜ薬をやめて治ったのか。
親子関係から始まる宮島先生の歩んだ道をすべてお話します。

自分を好きになり、大切にしないともったいない・・・宮島医師の口癖です(^.^)

今回は、参加者様にむけて応援ミニ絵本セラピーつき。グループワークです。




『もっと楽ちんに生きてもいいんじゃない~自分のうつを治した精神科医の方法~』


◆日時 平成25年6月22日(土)
14時~16時


◆場所
星槎札幌教育センター フリースクール星の教室 
(札幌市北区北11条西4丁目2-3) 
地下鉄南北線 『北12条駅』から徒歩1分
JR「札幌駅」北口より徒歩5分


◆講師 宮島 賢也 先生
薬を使わない精神科医 産業医 自律神経免疫治療研究会会員  うつ病診断から7年、投薬を続けても改善せず、試行錯誤する中 医者以外の人から学び、自分で健康に幸せになる「メンタルセラピー」を考案。
みやじっち先生の著書
「医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣(中経出版)
イラスト図解版「自分」の「うつ」を治した精神科医の方法(河出書房新社)など
 「安心」「爽快」「わかさ」などの健康雑誌や「女性自身」「すてきな奥さん」「週刊実話」など取材多数

絵本セラピスト 岡 美香
 わが子の闘病の経験から、自分にできる応援の仕方、社会とのかかわりを考えるようになり、活動をしています。今回は、札幌に笑顔が広がりますようにという、みやじっち先生と何か私にもできないか・・・と、応援絵本セラピーをします。

◆参加費 2000縁(今回はフリースクール開校記念なので)

託児をご用意します。隣の部屋で安全、楽しくお子様のご負担にならないような時間にしていきます。
託児 (6か月以上のお子様)お一人様1000縁

※ 終了後 懇親会を予定しています


◆お申込み
①FBイベントページ 参加にポチ
②メール gouhiimakumama@gmail.com



========



笑顔の連鎖が広まりますように!




しあわせ連鎖プロデューサー
シオヤタカハル
スポンサーサイト
2013.06.12 Wed l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1501-b36b9766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
札幌市北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。