『思考の深度』


私が自分で

『思考の深度』

をぐいっと深める工夫5つです。



①携帯電話をカバンにしまう(もしくは電源を切る)
②PCはネットにつなげない(わざとワイファイを持っていかない)
③イヤホンを使用する
④家族と離れる
⑤仕事を頼まれない場所を確保する



事務所で仕事をすることが多いです。
(ちなみに、スタバもガストもルタオもすべて事務所と呼んでおります・笑)



私は、ほっとんど、携帯電話でのメールをやりません。
嫁さんとの連絡くらいです。
ですので、携帯電話は、電話のみでの使用がほとんどです。
(ガラ携と呼ばれる携帯を使用しております)


そして、インターネットですが基本
パソコンに向かったときのみです。



ブログの更新、メールチェック(返信)、ニュースレターの発信、FBの更新…
パソコンのみで。


メールは私のビジネスにおいてなくてはならないものと思います。
しかし、付き合い方を間違えると大きな邪魔になることがあります。


今、FBやツイッターに対して、SNS疲れ…といったことが問題視されていますね。
ネットは、今や単なる情報収集の場から、
ココロのよりどころのような場所になっているからです。


ただ、それをコントロールできない人も増えてきています。



邪魔者になることもありますが、
確実に、あなたを元氣づける味方です。



私は、すごい世界で、素晴らしい可能性に満ちた世界と思っています。





だからこそ、自分でコントロールするんです。






そうしないと、素晴らしいあなたのフロー状態が台無しです。



メールソフトやFBは立ち上げたら、必ず落としておく。
メール着信やFBのシグナルなど…見に行きたい気分になったり、実際に見に行ったり…




その音が、確実に、『自分の思考の深度』を下げちゃうこと…
私は知っています。



雑然としたスタバ事務所で、
最初はグチを言いまくっているおばちゃんの会話などが耳に飛び込んで、氣になることがあります。

そのうちに、好きな音楽を鳴らして、ワクワクが高まってくると、
感度が研ぎ澄まされていきます。

そして、自分が深い海に入っていく感じを楽しめます。

sikou1_convert_20130627054414.jpg




思考とは、ココロの扉を一つずつ開けて、思考の海底におりていくような作業でしょうか。

扉を一つあけて、潜っていくたびに、邪魔するものがいなくなっていく。


グランブルーのように…もぐって、もぐって、もぐりきった時に、無敵です。

sikou3_convert_20130627054606.jpg






どんどんアイディアが湧き出てきて、
ニヤニヤしながらパソコンのキーをたたいています(笑)


めちゃめちゃはかどっている…。


たーのすぃーー。
(ちなみに集中力=楽しい)


sikou2_convert_20130627054436.jpg






そんな、修行僧が到達するような(妄想)素敵な境地にいる自分を、
メールの着信音は一瞬で俗世に戻します。




そのことを知っている私は、ネット環境を
『意図的に』コントロールします。






たまに手放してみましょうか。
ネットとつながる時間を。


そして

④家族と離れる
⑤仕事を頼まれない場所を確保する


ですが、難しい人もいますよね。

私、家族ラブの男でございます。
かわいくてしょうがない。


子どもに話しかけられたら、一氣にそこにいっちゃいます。



だから、自分でつくるんです。
大好きだからこそ、自分の思考の深度を確保するための
家族と離れる時間を。


実は、家でもできますね。

それが早朝です。




特にオススメですね。

2時起床とか(笑)




まわりからはヘンタイと言われますが



思考の深度は深まりまっせ~。







今日もステキな1日に!






深海で会いましょう!(笑)
スポンサーサイト
2013.06.27 Thu l ツイてる日記 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

Re: 中学生向け
ハセガワさん!

コメントありがとうございます。
ワタクシ、中学校でも多数講演しております。

ハセガワさんのご縁のある中学校さんに行けるといいなぁ。
思考の深化のお話しします。

中学生向け講座やりたいですね〜。

実現に向けて、進みましょう。


2013.06.27 Thu l shio358. URL l 編集
中学生向け
中学生…
種を蒔く年齢向けの
講習会や講座を
ひらいていただきたい!

深海ブルーのような
ココロを
あじわってもらいたいと
深く感じました!
千歳でも札幌でも
構いません。

なんとか
お願いいたします。

m(_ _)m
2013.06.27 Thu l ハセガワ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1517-4b4983d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)