上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
(前回からの続きです)



絵本+アルファ?
 


いのちについて考える(伝える)…ときに

ぜひ、みなさんに知ってもらいたいミュージシャン・作家
AKIRAさんを紹介させていただきます。


私は彼のライブでまず、やられました。

度胆抜かれました。涙があふれ続けました。

彼の本を読んで、また、ぶったまげました。


私が、今、いのちの尊さ、大切さを伝える時間(授業)
をいただけたとしたら、絵本とAKIRAさんの歌をミックスさせます。



オススメの曲・CDはたくさんありますが、その中でも
新作アルバム「勇者の石」の中の一曲「あなたは大切な人です」を紹介します。

CIMG7839_convert_20131225045240.jpg




「あなたは大切な人です」

あなたは大切な人です
ぼくの宝物なんです
あなたは大切な人です
だれも代わりなどいないんです

生きることがへたくそで
いつもくよくよ悩んでる
そんなあなたが誰かの心
きっと照らしてる
自分を責めないで誰かのせいにしないで
今のあなたが大好きだから
ほら笑ってごらん




私は、この曲、何度も聞き、勇氣づけられています。
(もちろん、この他にもたっくさんの曲に勇氣づけられています)


そして、AKIRAさんの超オススメ本が
「COTTON100%~極上のどん底をゆく旅~」
(幻冬舎文庫)



この本…多くの方を自死から救っています。NHKでも
紹介されました(雨宮処凛さんが推薦)


私は、読んで思いました。


たしかに…実際に人を自死か
ら救うだけのパワーのある本だと。


この本の紹介として…

世界は楽しいことや、嬉しいこと
や、胸が痛くなるほど悲しいことや、
どうしようもないことであふれてる――
 ドラッグ、アート、ホームレス、ネイティブ文化…
アメリカ放浪の5年間。すべてがごった煮となった、
新時代のビート小説。

と書かれています。その通りです。


AKIRAさんが、ニューヨークに彼女と一緒に住み始めたのが23歳、1982年。
そのぼろアパートから始まり、女の子に振られたり、リンチされたり、ホームレスになったり、変態に変態な目にあったり、強盗にあったり、麻薬でトリップしたり、インディアンとダンスしたりしながら、ニューヨークからヒッチハイクで大陸を横断して西海岸に出て、またニューヨークへ戻ってくるまでのお話。


激しくぶっとんでます(笑)


価値観のものさしが少ない方(日本で今まで刷り込まれてきた普通といわれる価値観をお持ちの方)は、もしかしたら彼の生き方が理解できないかもしれません。
この本は、スピード感にあふれていて、このぶっとんだ旅を一緒に過ごした氣分になれます。
 

AKIRAさんの作品…歌でも、小説でも魂で感じるものという表現が自分の中ではぴったりです。


ココロに刻み込まれるという・・・感覚。



ぜひ、AKIRAさんの作品にふれてみてください。




CIMG7835_convert_20131225045205.jpg






しあわせ連鎖プロデューサー 
シオヤタカハル
(しおちゃん)






スポンサーサイト
2014.01.24 Fri l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1639-4b847a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。