上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
私は、なぜか涙が止まりませんでした。

普段、めっちゃめちゃ明るく、笑わせてくれて、笑顔の東野さん。


本日のFB発信。


========

NO9「祈る事」

宗教的な言葉に聞こえるかもしれませんが

僕は大切にしてます。

耕し隊は毎年10名~14名ぐらい5月に7か月の研修が始まります

その中でやはり1割程度途中で脱退する人もいます

共同生活で同じ作業を四六時中するわけですから

普通の職場の何倍もの速度で摩擦がおきます。

あっと言う間の戦場です

最初の段階は

耕し隊との人間関係が帰る理由の多数をしめます。

僕が色々 なだめたり 考え方を伝えたり 話を聞いたりしていても

どんどん他の耕し隊を攻撃し始めます

和に入れなくなるので 居場所がなくなります

真理さんも含めた社員も和を大切にするので

もう帰らせた方がいいと言う判断になりますが

基本僕はしつこくくらいつきます

そうすると

「こんなところくだらないので帰ります」

「東野さんのやりかたがおかしい、信用できない」

最終的に活動そのものや僕が原因で帰るんだ と言う理由になります。

そこまで来ると皆も帰らせたいし

行く手を阻むのは僕しかいませんから

僕の悪いところを探し責めてきます。

いつも笑って 同じ態度で 同じ位置にいるつもりですが

僕が責められる事は

もうすでに慣れているし

ある意味その環境の意思決定をしてるのは

僕なので当然です

責められてる間は苦しかったり辛かったりはないのですが

何が悪かったか自分なりに分析し反省します。

どんな態度の悪い人でも

そんなんだから 助けがほしくて 来たわけですから

方法を選ばず感情をすて とどまるよう説得します。

しかしやはり帰ろうとします。

万策つきた時

そこからがホント辛いです…何もしてあげれなかったこと

目の前からいなくなったら なんもできない事が悔しいのです。

色んな事を伝えたことに対し素直に受け止めてくれなかった事は

「今」じゃなくても人生のどこかの場面で役に立てばいい って思うので

相手を恨んだり責めたりする気持ちにもならないのですが

最後は伝えます「なにもしてあげれなくてごめんな」

この一文が僕の感情のすべてです。

だから 祈るしかないのです。どこかでウマの合う人と出会って

心がほぐれて 楽しくて幸せな人生をおくってもらいたいのです

帰る瞬間の最後の顔を思い出して ただ 祈ります…祈ります



higasino1.jpg










僕にはそれしかできないのですから…

祈りが届くなら、花が咲くまでの肥やしになりたいものです。



========




私も祈ります。






本日のハッピークエスチョン
今日は誰のために祈りますか?










しあわせ連鎖プロデューサー
シオヤタカハル
(しおちゃん)



スポンサーサイト
2014.02.22 Sat l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1657-394b95af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。