ある6歳の子の詩

「ちりがみ」

ちりがみ かして
ぼく もってるよ
正平くんは
おべんじょへ はしっていった
ぼくも スッっとした




うんこをしたのは正平くんです。
友達がうんこをして、ぼくもスッキリした!

素晴らしい!しあわせの連鎖!

平成13年に書いた自分の学級通信「硯」をふと読み返しました。
「生きるヒント1日1話」櫻木健古さん の著書より
この詩をクラスの生徒たちに、紹介していました。

最近、娘や、息子たちが、私の学級通信を読んでいます。
(子どもたちが読むのは、「はな倶楽部」や「はむたろうの冒険」というコラムですが…)
ちょっと面白い光景です。


しあわせ連鎖プロデューサー
シオヤタカハル
(しおちゃん)
スポンサーサイト
2014.03.02 Sun l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1664-7491ea42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)