上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
谷川俊太郎さんの講演会に行き良かったと思っています。

やっぱり作者に会うと作品にふれたときの入り方が違いますね。


絵本を読んだ時に、

「さっすが!しゅんちゃん!面白い!」

などど、妙に親近感が湧いたりして(会場では、メチャメチャ席と遠かったのに勝手にトモダチ・笑)




「あくま」

CIMG0029_convert_20140409061215.jpg


詩 谷川俊太郎
絵 和田 誠 
(教育画劇)




ストーリーの面白さ!
(あくまというタイトルですが、いきなり魔女が登場します・笑)
(レーザービームも出ます)


そして、男の子の最後のセリフにやられます。


しゅんちゃんの本音の部分みたいな。


そんな感じもしました。








和田誠さんの絵は、私の中では「どんなかんじかなあ」がすぐに浮かびますね~。

絵本セラピストのみなさんは、けっこうそうかもな~。
(たっちゃん(岡田達信さん)が読んでくださった絵本は、やはりココロに残りますね)






本日のハッピークエスチョン
あなたの中に、どんな「あくま」が登場しますか?






悪魔ってなんとなく黒のイメージですが、
谷川さん&和田さんの描く悪魔は、オレンジ色ですね。








子どもに読ませるとなると、いろんな意見もあるでしょう。



いいんです。



まずは、大人が絵本にふれて…楽しみましょ。












今日もステキな1日に!









しあわせ連鎖プロデューサー
シオヤタカハル
(しおちゃん)


スポンサーサイト
2014.04.10 Thu l 絵本・本 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1694-4770e0a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。