上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
いろいろな絵本の読み方があると思います。



この本がいいとか、悪いとか。




私も、もちろんオススメの本はあるのですが、


基本は、自由に感じるままに、と思っています。





息子が、絵本を読んでくれました。








つぽい。



っぽいって読むといいね。






私は、息子が読んでくれる、このシーンに


またしびれました。


CIMG9946_convert_20140414203950.jpg




========

あんまり いいきもちだと

えも ことばも でてこない。

だから スケッチブックを とじた。




かくのは あとにしようっと。


ラモンは、たっぷりと いいきもちをあじわった。



「っぽい」 ピーター・レイノルズ・なかがわちひろ(主婦の友社)

========



CIMG9947_convert_20140414205823.jpg






ありがとう。







絵本はココロの処方箋。


(※私の絵本の師匠岡田達信さんの著書より)




息子が読んでくれる絵本は、本当に尊い。


そして、氣きが深い。












ありがとうございます。







本日のハッピークエスチョン
あなたが、大好きな絵本を選んでみてください。
※そして、できたら、声に出して読んでみてくださいね!











今日もステキな1日に!






しあわせ連鎖プロデューサー
シオヤタカハル
(しおちゃん)




















スポンサーサイト
2014.04.15 Tue l 子育て l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1702-e3051f5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。