上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
なんちゅう傲慢なタイトル…と思われた方…すいません。

絵本のタイトルでございます。


========

「いちばんつよいのはオレだ」
マリオ・ラモ 作
原 光枝 訳
(平凡社)

========

CIMG0070_convert_20140423053656.jpg




めっちゃ笑えます!

衝撃のラストです。


絶好調でルンルンのおおかみさんが、くりだす面白ストーリー。


やっぱり、笑える絵本っていいなぁ。



続編の「いちばんうつくしいのはオレだ」も、もちろん、おっかしーです。
やっぱり絶好調なおおかみさん。
そして、なるほど!前作での失敗があるから、おおかみさん、確認しているセリフがある…(それがまたウケル)








ワクワク絵本研究を続けていますシオヤです。



自分のありのままの「感性」を大事にしながら。

絵本の評論本や、ちょっと著名な方の意見に左右されず

まっさらな状態で、ひたすら絵本を読み続ける。



時間の許す限り…この…楽しい研究続けます。













★★★ 松陰先生 魂のコトバ ★★★
(「志」を意識して生きていらっしゃる同志へ…一緒に声に出して読んでいただけたら、とっても嬉しいです。)


事省くべく

ことはぶくべく、ことはぶいて しこうして こころざしもっぱらにすべし
事省くべく、事省いて而して志専らにすべし。。
こころざしもっぱらならば すなわち きさくゆうろんゆくゆく まさにうるところあらんとす
志専らならば即ち奇策雄論住〻将に得る所あらんとす

嘉永4年4月21日「阿兄に与ふ」

【訳】くだらない世事は省略するべきである。省略して、今、抱いている志に専念すべきである。専念すれば、奇抜な策略やすばらしい考えが、やがて思い浮かぶことであろう。
(※兄杉梅太郎。字は伯教。生涯、松陰を理解し、助けた。後に民治(みんじ)と改名した。)



「吉田松陰一日一語」
川口雅昭 編 「致知出版社」より

★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★





今日もステキな1日に~




しあわせ連鎖プロデューサー
シオヤタカハル
(しおちゃん)





※而して(しこうして)

[接]《中世には「しこうじて」とも》前文で述べた事柄に並べて、あるいは付け加えて、別の事柄を述べるときに用いる。そうして。それに加えて。
「水は台所より外には無い。―台所は二階には附いていない」〈二葉亭・浮雲〉

[補説]もと、漢文訓読系の文章の中で用いられた。「しかくして」あるいは「しかして」の音変化か。


提供元:「デジタル大辞泉」






スポンサーサイト
2014.04.23 Wed l 絵本・本 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1714-d9dafa93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。