上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
本日は、絵本の学びです。

母の誕生日でもありますね。

命をつないでくれて、私を生んでくださり、ありがとうございます。




松陰先生の本日のメッセージ!






★★★ 松陰先生 魂のコトバ ★★★
(「志」を意識して生きていらっしゃる同志へ…一緒に声に出して読んでいただけたら、とっても嬉しいです。)


斯道の塞がる所以


きんじ、ふうぞくぎょうはくにして きょうかりょうちし
近時、風俗澆薄にして教科陵遅し、

しょをよむひとは てんかをみつれども
書を読む人は天下に満つれども

みちをもとむるものは たえてなくしてわずかにあり。
道を求むるものは絶えてなくして僅かにあり

しこうしてそのみずからぜとしみずからたかぶり、
而して其の自ら是とし自ら高ぶり、

せんちはすでにあえてこうちをさとらず
先知は已に肯へて後知を覚さず、

こうかくもまたあえてせんかくをしとせず
後覚も亦肯へて先覚を師とせず。

これしどうのふさがるゆえんにしてししのうれふるところなり
是れ斯道の塞がる所以にして、志士の憂ふる所以なり。




安政二年9月18日「太華山山縣先生に与へて講孟劄記の評を乞ふ書」





【訳】

この頃は、風俗が軽薄になり、
(後進を)教え導いて善に向かわせる、
という風潮が次第に衰えている。

本を読む人は多いけれども、
人としての道を求める者はおらず、
いたとしても、わずかでしかない。

そして、人々は自分の現状に満足し、
尊大になり、先知、つまり悟っている人は後知、
まだ悟っていない人を指導しようとせず、また、後知も先知を師としない。

これこそが、人の人たる道が行き詰まる理由であり、
心ある立派な人が憂えている理由である。



「吉田松陰一日一語」
川口雅昭 編 「致知出版社」より

★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★



今日もみなさんが、愛と光につつまれますように!






しあわせ連鎖プロデューサー
シオヤタカハル
(しおちゃん)


☆☆☆しおの講座ご案内です☆☆☆

6月1日(日)第1回神奈川笑華尊塾(横浜)

6月2日(月)しおの絵本セラピー横浜第2弾(横浜)

6月13日(金)第4回千歳笑華尊塾(千歳)

6月17日(火)第2回伊達笑華尊塾(伊達)

6月21日(土)第39回笑華尊塾(札幌)


6月22日(日)男だらけの笑華尊塾(札幌)
ブログ http://hanatarou358.blog115.fc2.com/blog-entry-1729.html

7月13日(日)笑華尊塾 突破講座(第1輝)1日目
7月20日(日)笑華尊塾 突破講座(第2輝)2日目



7月27日(日)大人の秘密作戦会議10~しおの妄想絵本館~
近日詳細公開!

☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト
2014.06.05 Thu l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1763-96babff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。