上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
札幌国際大学 図書館司書課程 児童サービス論
講義のゲスト講師として呼んでいただき、絵本セラピーをやらせていただきました。

みなさん、とっても真剣に、そして笑顔で取組んでくださり、嬉しいです。

学生さんの感想 先生がすぐにコピーして全部くださいました~。
感謝です。

===いただいた感想===

・すごく楽しめた時間でした。絵本を読みながら自分の気持ちと向き合えるなとすごく関心が持てました。私も本屋に行って絵本コーナーを見るようにしたいです。

・絵本は子どもだけのものじゃないと改めて感じました。読み方やスピード、内容の把握力…かなりの数をやってるんだな~と思いました。

・読み聞かせがとても聞きやすかったし、スピードもよく、しおさんの体験談も面白かったです。

・絵本はとっても深くて、大人になっても感じるものがたくさんあるなと思いました。

・絵本セラピスト…はじめて聞きましたが、導入からすごく興味がわき、楽しい時間を過ごせました。スゴイ面白いなと思いました。普段絵本を読まないので、まして読み聞かせててもらうことがないので、新鮮でした。

・しおやさんの絵本の読み方で、一番印象に残ったのは、本を読んでいるときの表情でした。人の心をつかむ、すてきなセラピーでした。

・とても新鮮で新感覚でした。

・絵本は子どもが楽しむものと思っていましたが、大人が読んでも、また違う目線で楽しめることができるのだなと思いました。めったにない体験だったので、とても楽しかったです。

・リラックスして受けられる講義は久しぶりでした。また、笑顔が絶えない講義というのも久しぶりでした。こういった講義は、学習する側にとって学習意欲が高まりやすいので、とてもありがたく感じます。絵本について新しい発見もあり、絵本に対する興味が増しました。ありがとうございます。

・自由でのびのびしたものなんだな~と感じました。理想や、一般論など、こう書いたほうがイイなどと考えてしまいがちですが、しおちゃんのセラピーを受けていると、そんなことは全く考えず、自分の思っていることを、そのまま受け止めて、グループの皆と共有したりできました。絵本にうるっときて、今、若干泣きそうなんですが、こんなふうに絵本に入り込んでしまうようなしおちゃんの読み聞かせもステキだなと思いました。

・関西のイントネーションは、テレビドラマの方がひどいです。しおちゃん上手でした(笑)私の家は、多分、ミニ図書館ができるくらい本があるし、今日読まれた本も全部、何回も読んだことがあったので、読んでいないところにも気付きました。誰かに読んでもらうのは、自分で読むのとまた、違った楽しさがありますね。

・しおちゃんがもと体育の先生!とてもギャップがありました。普段シャイなのでなかなか話せないタイプなのですが、グループの人と、少し仲良くなれたかなと思いました。どの本も種類が違うし、面白さ、感動することがあり、とても楽しかったです。

・しおちゃんの絵本チョイスがとても好きです!その中でも一番好きなのは「わたしはあかねこ」です。私の場合、個性というより、アクが強すぎる部分があって自分に気にくわないところがあったのですが、この絵本で「まぁいいか」と思えました。

・どの絵本もとても好きでした。本屋さんの絵本コーナーに行って、自分が好きな本を探したくなりました。

・絵本を通して、自分を見つめなおしたり、面白い絵本に出会えてとても楽しかった。音楽もステキで、癒されたような気がする。

・感動して、実は泣いてしまいました。講義中だったので我慢しようと思ったのですが、自分と重なる部分があったので、泣いてしまいました。それくらい自分の心と向き合えました。この絵本セラピーのプログラムは、自分の心にむきあう、人と交流できる、様々な考え方を知ることもできる、いいプログラムだと思いました。何回も受けてみたいと感じました。

・精神やメンタルを勉強している自分としては、とても多くのものを学ぶことができました。

========

学生さん、そして、私を呼んでくださった吉岡先生!本当に感謝です。
私もとっても楽しい時間でした\(^o^)/


スポンサーサイト
2014.07.03 Thu l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1778-322d5f3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。