上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
【国の神話】に関する絵本を好んで買ってたら、お店の方に
「お寺の方ですか?」
と聞かれました坊主頭のシオヤでございます。

絵本セラピスト仲間に、東京の古本屋さんに連れていてもらったときのことです。
(ららさん、ありがとう。あれ?もう2年くらい前かな…)


さあ、川口雅昭先生の新刊、「吉田松陰先生に学ぶ 男の磨き方」…


CIMG1720.jpg





すば、すば、すば、すばらしい…






そして、アッチョンブリケで

あっちょんぶりけ1

自分が恥ずかしい。




とにかく…しびれました。


私は、この本、何度も読み込んでいきます。



「吉田松陰先生に学ぶ男の生き方」とタイトルありますが、松陰先生の「武教全書講録」から男子の生き方を学ぼうとする本でございます。


東京の古本屋で買った「うるわしの日出づる國~「中朝事実」物語~」山鹿素行先生原作。その絵本が喜んでるような氣がします。


本との出会いもステキな出会い。


ココロをこめて、この世に本を送り出してくださっている、
すべての作家さんと出版社さんに尊敬と感謝をこめて。



日本の精神「覚醒」のカギのひとつが「本」でしょう。


さあ、いろんな 「枠」(わく) を外しちまおうぜっ! 






今日もステキな1日に!




しあわせ連鎖プロデューサー
シオヤタカハル
(しおちゃん)





スポンサーサイト
2014.08.11 Mon l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1789-6e9234fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。