上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
大きな地震が、熊本を襲いました。

2011年3月16日、東日本大震災直後
日本中が、深い悲しみに襲われていた時
北海道出身の精神科医
香山リカさんが、北海道新聞を通じて発信したメッセージです!

ぜひ、みなさんにお伝えしたい。


=======================

「あなたの力が必要」その日のために


日本を襲った未曽有の大惨事。
今はこの国に住むほとんどの人たちが、この大災害に関する情報、そしておびただしい映像に連日接し、これまでと違った毎日を送っている。たとえ、直接、大きな揺れを感じたり津波を目撃したりしない人でも、かなりリアルな「疑似体験」をしていると言っていい。
そうなると、私たちの心は、被災地にいるにも匹敵するような大きなダメージを受ける。そこには心の傷、つまりトラウマも発生する。実際、テレビの映像だけから深刻なトラウマ後遺症が発症した例が、アメリカの同時多発テロの後、いくつも報告されている。

(中略)

被災地で実際大きな打撃を受けた人が無数にいるのに、そこから離れた場所にいる人までが、トラウマで心身を止んでしまったらどうなるだろう。助けの手を差しのべるべき立場にいる人が、心のケアを必要とするようになる、といった事態は、なんとしても避けなくてはならない。

これからは、日本中がお互いを支え合い、励まし合って、立ち直っていかなくてはならないのだ。そのためにも、まずすべきことは、自分で自分を守ること。そうできる人は、ゆっくり体を休め、食事をきちんととり、お風呂に入って体をあたためる。「被災地の人に申し訳ない」と思う気持ちもわかるが、そうやって自分を維持することが直接、被災していない人の義務だと思う。

「あなたの力が必要」といわれるその日に備え、自分の生活と健康を守る。それが今、私たちにできる最大限のことなのではないだろうか。

北海道新聞 3月16日(生活面)
精神科医 香山リカ さんのメッセージ


=============================


「あなたの力が必要」その日のために…



私たちは自分の健康を守ることをしっかりとして
自分のできることに備えていくいことも必要ですね。


私たちが、やるべきこと。

自分が、自分の健康をしっかり守って
できることに備える。





このブログを読んでくださっているみなさん。



ありがとうございます。

チカラをあわせていきましょう。








スポンサーサイト
2016.04.19 Tue l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/1901-3bf07625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。