綾戸智恵さん


ジャズシンガーです。



17歳で単身渡米、ロサンゼルスと神戸を行き来する生活を始める。

40歳でアルバムを出し、プロデビュー。



「16歳の教科書2~勉強と仕事はどこでつながるか~」
という本に、綾戸さんの生きた講義が載っていました。












まずは、綾戸さんの英語の勉強のスタートの話…

====================================


いま、わたしはジャズシンガーという仕事をやっています。

そのせいで、音楽一筋、音楽のために渡った人間のように思われがちなんだけど、

もともとは映画。

わたしのアメリカに対する憧れのほとんどは映画からきてるの。

幼稚園から映画ばっかり観てたからね。

たとえば、映画の中で「あんたに関係ないわ!」というセリフがあったとするよね。

これって、英語で言うと「Not your business!」なんだけど、

英語なんて全然知らない小学生のわたしには「ナッチュアビジネス」に聞こえる。

そして、日常生活の中で使えそうな場面に出くわしたら「ナッチュアビジネス!」と言う。

家族に対してね。

もちろん「ああ、あの『ナッチュアビジネス』は「Not your business!」だったんだ!

と気づくのは何年もあとの話で、それまではカタカナを耳で覚えていただけ。

ほとんどのセリフをこんな感じで覚えていった。




そうやって映画から強引にセリフを引っぱって、

なんとか英語っぽいカタコトが言えるようになりました。





みんな、英語の勉強で悩んでるかもしれないね。


でも、こう考えてみて。

英語なんて、動物と話すよりずっと簡単なのよ。

みんな犬や猫に話しかけたり、奈良公園で鹿に話しかけたりするでしょ?

それでなんとなく自分の気持ちを伝えることはできるよね?



どんなに英語だ外国人だと言っても、相手は人間。

動物に通じるんだったら、人間に通じないわけないの。問題はハートよ。ハート。


=====================================


綾戸さんは、13歳のとき大阪万博に通います。

目的は、外国人たちとたくさん話すこと。

道ゆく外国人に「ハーイ!」と話しかける。文法も何もなく。

映画や音楽で覚えたカタカナを並べ立てるだけ。でも、通じちゃう!




すごいです。度胸が…


そして、次の日、綾戸さんは仲良くなった外国人たちを引き連れて、

なんと、大阪の街を観光案内しちゃうんです!






素晴らしい。すごい行動力です!


そんな綾戸さんは、学校の勉強が大嫌いだったといいます。

綾戸さんは、みんなでそろって同じことをするのが嫌だったようです。

でも、学校はやめなかった。



さらに本の続きです。

==================================


勉強が嫌い?

大いにけっこう。わたしも嫌いです。うんうん、仲間仲間。


わたしが好きなのは音楽。でも音楽は週に2時間だけ、

あとはずーっと好きじゃない授業を受けなきゃいけない。




でもね、これはあとになってからわかったんだけど、

そういう経験が大切なの

つまり、音楽が好きなのに、アメリカに行きたいのに、

みんなといっしょに国語や数学をやっているという時間が。

その

「やらなきゃいけないことをやる」という行為が。





これはね、お勉強とは違う

「心の体育」なの。





学校では、頭を鍛えてるんじゃなくって、


心を鍛えてるのよ。





=====================================



綾戸さんの楽しいエピソードが本の中では、まだまだ続きます!

16歳の教科書…オススメですね!

高校生は特にオススメ!

大人が読んでも面白い本です!!!




この本の帯に

「やばいっ!まわりの景色が違って見えます!!」

と書いてあります。

それは本当です。

スコトーマをはずしてくれる本ですね。








最後に、綾戸智恵さんの好きな言葉は

「生きたるで」

嫌いな言葉は、

「否定形の言葉ぜんぶ」←やっぱり!そうですよね!


綾戸さんからメッセージ

「みんなも気ぃつけんと、否定形の言葉ばっかり使っていたら

どんどんネガティブな人間になっていくよ」








今日も最幸!!!


綾戸さんのライブ行ってみたい!
(今は、お母さんの介護で活動休止中のようですね)





スポンサーサイト
2010.03.12 Fri l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/194-d3449e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)