今日も私は読書を楽しんでいます。

私は本氣で甲子園を目指していますが、
こんな本を読みました。

「甲子園だけが高校野球ではない」

=============================

弱かった自分のできること

野球部女子マネージャーの話

私は幼い頃からどんなときでも「負ける」のがとても怖くて、
いざというときに強い気持ちになることができませんでした。
中学のバドミントン部でも、試合になると逃げ腰になって、
練習した成果が発揮できずに負けてしまう、その繰り返しで・・・。

そんな自分がイヤで悩んでいた頃、怪我で通院。
落ち込んでいた私は、
病院の理学療法士さんに、
心の悩みも相談し、心身ともにお世話になりました。

「人を助ける仕事っていいな」。
心からそう思いました。

人を少しでも助ける仕事をしたい、そんな気持ちから、
高校入学とともに野球部のマネージャーになりました。
同級生と先輩との4人で、私のマネージャー生活がスタート。
グランドの草むしり、飲み物の用意、ベンチ拭き、ボール磨き、
公式戦でのスコア付け、練習試合に来た保護者への対応。

体力も気遣いも必要で大変な仕事ですが、
練習している選手たちを見ていると、
疲れたなんて言葉に出すことはできませんでした。

グランドでは監督が厳しい言葉を、
選手に何度も何度も浴びせていました。
そのたびに、流れる汗よりも大粒の涙を流す選手たち。

そして、選手たちはその言葉に懸命に応えます。
みんなが真剣に「勝つこと」さらに、
その先にある甲子園を目指していました。

私は、甲子園に行くために、勝つために、
ここまでやるのかと驚きました。
全身泥だらけ、泣きながらも必死にボールに飛びついていく。
最後は動けなくなるまで。

でも、その夏、
あれだけたくさんの汗も涙も流してきた先輩たちの最後の大会が
2回戦で終わりました。
みんな、大泣き、そして先輩選手の涙とともに、
先輩マネージャーの2人も大粒の涙を流して部を去りました。

震える声で「後輩たちをよろしくね」という言葉を残して・・・。

秋、新チームになると同時に、
同級生のマネージャーは受験に専念するため退部。
私も迷いましたが、
監督から「部を支えて欲しい」と頼まれました。


(珍しく続きます)



===========================

私は本当にツイてます。

今日は偶然この本を手に取りました。
違う本を探しに本屋に行ったのです。

岩崎夏海さん監修。

もちろん知ってますよ。
読みましたよ。
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだら」
の著者です。
このブログでも紹介しました。



家に帰って、これまた珍しくテレビを付けたんです。
テレビは私あまり見ないのです。
NHKのニュースで旭川実業が特集されていました。
メンタルトレーニング、
さらに音楽を効果的に取り入れている様子が取り上げられていました。

その後すぐ、その日の20時からのテレビ番組
「幻の甲子園」の予告が入りました。

ツイてます。
すぐ予約録画です


旭川実業のニュース
番組

甲子園に関する
3つの情報がとびこんできました。

私は嬉しいです。

選手権大会(夏の甲子園)もいよいよはじまりましたね!


あの場に、
きっと、私行くことでしょう。
生徒たちがプレゼントしてくれた
赤いノックバットを持って。イエイ!


今日もワクワク絶好調!
長いブログ読んでくださりありがとうございます。
続きますので、よかったらまた読んでください。
みなさんにとって最幸の1日となりますように!







スポンサーサイト
2010.08.08 Sun l 高校野球 l コメント (2) トラックバック (1) l top

コメント

幻の甲子園
> 塩谷先生も・・・NHK録画しましたか。
> 私は、息子と一緒に観ました!
> 昭和17年~戦時中の「幻(記録の残らない)の甲子園」。
>
> ・選手(戦士)交代は許されない。
> ・珠(弾)をよけてはいけない。
>
> そんな時代でも、どうしても野球したくて・・・
> アメリカ生まれの野球を非難され・・・
> それでも、甲子園に出たい、行きたい・・・と思う当時の球児たちの思いが
> 伝わってくる番組でした。
>
> 戦争を知らない世代・・・この恵まれた環境の中、野球ができるという喜びと
> 感謝の気持ちが込み上げてきました(息子共々・・・泣)


録画して良かった。
どこかで、選手全員に見せたい内容でした。

こちらもすごい雨でした。

でも丘珠はグランドダメです。
私は、円山球場で中学生の硬式野球を見てきます。



2010.08.09 Mon l shio358. URL l 編集
みんなの甲子園・・・。
おはようございます。

雨模様の北海道共和町です。

塩谷先生も・・・NHK録画しましたか。
私は、息子と一緒に観ました!
昭和17年~戦時中の「幻(記録の残らない)の甲子園」。

・選手(戦士)交代は許されない。
・珠(弾)をよけてはいけない。

そんな時代でも、どうしても野球したくて・・・
アメリカ生まれの野球を非難され・・・
それでも、甲子園に出たい、行きたい・・・と思う当時の球児たちの思いが
伝わってくる番組でした。

戦争を知らない世代・・・この恵まれた環境の中、野球ができるという喜びと
感謝の気持ちが込み上げてきました(息子共々・・・泣)

マネージャーの話もとても良い話ですね!
心打たれます・・・。

さぁ~っ、夢の甲子園へ向けて・・・中学生の野球に行ってきます!

これから、息子(中1)のサマーキャンプに!!
(膝リハビリ中の小5の息子も一緒に・・・。)
2010.08.08 Sun l フェニックス18番. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/551-d02fefdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
お花の事は『花のギフト館』へ^^v
2010.08.08 Sun l 花のギフト館ブログ