本日11月28日の編集手帳「読売新聞のコラム」より

きました!きましたよトイレ掃除ネタ!!!イエイ

=================================

トイレ掃除には不思議な力が宿っているようである。
「トイレの神様」のヒットで今年の「紅白」初出場を決めた
植村花菜さんの笑顔に、その思いを強くした

トイレには女神がいる、毎日きれいにすれば
「女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで」
という祖母の教えを守ってきた。
国鉄職員だった濱口國雄さんの「便所掃除」という詩は、
教師が子供にトイレの美化や掃除の意義を説く際、度々引用される

<扉をあけます/頭のしんまでくさくなります>で始まり、
苦心惨憺(さんたん)の作業が綴(つづ)られ、こう結ばれる。
<便所を美しくする娘は/美しい子供をうむといった母を思い出します/
僕は男です/美しい妻に会えるかも知れません>。

トイレ磨きは人の心を磨く修業であろう

大手カー用品会社の創業者鍵山秀三郎さんは、
10年にわたり黙々と社内のトイレ掃除を続けた。
「トイレ掃除しかできない」経営者と笑われたこともある
社員が参加し始めて「社風」となり、
社外からの研修希望が増えて各地の学校にもトイレ掃除は広まった。
鍵山さん編著の近刊は「便器を磨けば、子どもが変わる!」である。

(2010年11月28日01時28分 読売新聞)

==============================


私、もちろんトイレの神様も聞いてますし、
鍵山秀三郎さんの新刊
「便器を磨けば子どもが変わる!」も読んでいます
(もちろん持っています↓)。

P1410444.jpg



毎日の素手のBSも継続しています。

この試験期間に、職員トイレをまた、掃除する予定です。



ちなみに、この記事番号777でした。
ラッキーセブンセブンセブン。

今日のこのブログ、私の777本目のブログです。
トイレ掃除ネタ、鍵山秀三郎相談役ネタで嬉しいです。
おそらく1000本目までに、
私の本が出版されることでしょう(笑)イエイ!



それではみなさんお休みなさい。

P1410375.jpg
パンにかぶりつくりゅうたろう
P1410435.jpg
公園の遊具で遊ぶはな

本日も、子どもたち元氣全開でした。
ありがとう。感謝。

スポンサーサイト
2010.11.28 Sun l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/tb.php/777-ea6dfcea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)