こんちゃんの本、素晴らしいです。

CIMG8284.jpg



「障がい者の就活ガイド」紺野大輝さん著(左右社)
http://ameblo.jp/1kisekinorensa/entry-12229660624.html




障がいのある方の就職活動。




準備から、面接、内定、そして就労まで、現在の障がい者雇用の企業のメリット、障がいの伝え方、就労のポイント…なんてわかりやすく解説された本なのでしょうか。




重度の脳性まひという障がいを持ち、就労の苦戦、苦労、そして【働くことの素晴らしさ】を知るこんちゃんだからこそ切り込める視点。ありがとう!こんちゃん\(^o^)/
https://www.facebook.com/kisekinorensa/?fref=ts





しあわせ連鎖プロデューサー
しおちゃん








2017.01.18 Wed l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
『氣は長く、
 心は丸く、
 腹立てず、
 口慎めば、
 命長かれ』

だるまたいし




『氣は長く
 心は丸く
 腹立てず
 人は大きく(人には寛大に接し)
 己は小さく(己は謙虚に)』

by 達磨大師






仲間のめるしぃが発信してくださった。

忘れていたことが全部つまっています。


ありがとうございます。






ココロに染みます。




しあわせ連鎖プロデューサー
シオヤタカハル
(しおちゃん)







2017.01.15 Sun l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ステキすぎる…小学校2年生の作文をご紹介いたします。

内閣府HPより

==========================


「やくそく」

宇部市立川上小学校 二年
益田 幸奈(ますだ ゆきな) (山口県)


わたしの二番目の兄は、自へいしょうです。

おしゃべりはできないけど、いつもわらっている和音兄ちゃんです。

おふろが大すきです。おふろからあがって、パジャマをきて、おちゃを一口のんで、またおふろに入ります。
手をぐるぐるまわして、とびはねます。

まわりの人は、へんな人だなとめいわくそうです。
わたしはなれているけれど、お兄ちゃんはすこし、めだつみたいです。

わたしが小学校に入学した時、お兄ちゃんはしょうがいをもつ人の学校にかよっていました。
 「和音兄ちゃんは何のしょうがいなの。」
とわたしが聞くと、母はこたえました。
 「自へいしょうよ。人とのかかわりがにが手なの。自分でとじるって書くの。一人ぼっちがすきでくらいかんじかな。」
わたしはすこしおどろいて言いました。
 「そんなわけないやん。お兄ちゃんは一人ですぐどこかにいっちゃうけど、みんなといることも大すきだよ。それにいつも楽しそうだもん。ぎゃく、ぎゃく、自分でとじていないよあけっぱなしだよ。」
母はうなづきながら言いました。
 「自へいしょうの名前をつけた人がまちがえたんかね。」
わたしと母はわらいました。

和音兄ちゃんが、わたしのおやつをかっ手にぜんぶたべた時、わたしは和音兄ちゃんをおこりました。
すると、一番上のお兄ちゃんにおやつをおきっぱなしにしたわたしがわるいと、おこられました。
わたしが、なっとくできずにないていると、一番上のお兄ちゃんだって、ずっと前に大じなつう知ひょうを和音兄ちゃんにハサミでバラバラに切られてしまったことを話してくれました。つう知ひょうをかたづけないあなたがわるいと、おやにしかられて、その時はなっとくできなかったそうです。和音兄ちゃんのせいでおこられても、しかたないと思えるようになりました。自分が先に気をつければいいだけだからです。

お父さんは、わたしにはべんきょうしろとうるさいのに、和音兄ちゃんには言わないところは、なんかずるいと思います。お兄ちゃんの学校はときどきジョイフルでハンバーグをたのんでたべるじゅぎょうがあるそうです。うらやましいとおもいます。

でも和音兄ちゃんを見ていて、いつも思うのは、大へんそうだなということです。お兄ちゃんは、自分のやってほしいことも、こまっていることも、上手につたえられません。赤ちゃんのなき声がにが手で、わたしも小さい時にいっぱいこまらせたそうです。ラーメンは「うまかっちゃん」ときまっています。みそもしょうゆもほかのとんこつも、なっとくしません。トイレに行きたいと言えないので、はじめて行くばしょはソワソワしていないかかぞくみんなで気にしています。スーパーではぐれたら、わたしがさがしに行きます。チョコレートコーナーかバームクーヘンコーナーの前でよく見つけます。とつぜんキーキーと大ごえをだしてあばれることがあります。

でもそういう時は、何かりゆうがあるので、母とそれを考えます。
お兄ちゃんも大へんそうだけど、わたしもつかれます。そんな時に母が話してくれました。
 「和音兄ちゃんはね。生まれてくる前に、かみさまとお話したの。つぎの人生は、思いどおりにならないことが多いよ。ごかいされることもあるよ。たすけてもらうことばかりだよ。でもきみならやれると思うよ。どうするってね。そしたらお兄ちゃんはね、やってみますってこたえたんだよ。あとね、うるさい妹もいるけどねって、言われたんだよ。」
そういえば母は、
 「もうかみさまわーくんは」
と言いながら、お兄ちゃんのかたづけをしていました。かみさまならしかたがないと、わたしはしぶしぶてつだうようになりました。わたしと姉がけんかをすると、母は言いました。

 「わーくんは、生まれて今まで一ども人のわる口をいったことがないの。そしてこれからもずっとね。」

お兄ちゃんにはおそわることがいっぱいです。
でもわたしは、すぐにわすれてよけいなことをいってしまいます。

わたしは、かみさまとどんなやくそくをして生まれてきたのかな。

============================




私は、神様とどんな約束をして生まれてきたのだろうか。



今日もすてきな1日に\(^o^)/


かめちゃん5厚別東小




しあわせ連鎖プロデューサー
シオヤタカハル
(しおちゃん)













2017.01.13 Fri l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【甘えを捨てろ】

人にまかせきりにしないで
自分にできることを見つけて、やってみましょう。
「まわりとうまくいかない」
なんてぼやいてないで、仲良くなる努力をしましょう。

なぜって?
あなたは今日から大人だからです。





【流れを変えるのは自分の行動】

幸運とか不運というものは、
天から無差別に降ってくるものではなく、
すべて自分の方から求めているものなんです。

そのことを思い出すことができれば、
他人のせいにしたり、
組織のあり方に腹を立てようとすることなく
「自分の行動を変えよう」
という発想に行き着くことがことができるはずです。



「覚悟の磨き方」超訳 吉田松陰  編訳 池田貴将
(サンクチュアリ出版)より


=======================



しびれる、松陰先生のメッセージから




昨日は、完全ノーネットデ―(メディアデトックスデー)すっきり!のシオヤでございます。
(たくさんのご連絡ありがとうございます。これからメッセージ等返信いたしますね)


本日も、半ノーネットデ―(これからまた秘境に入ります・笑)



新成人のみなさんへ、大人たちが何を伝えていくか。
(本日の読売新聞「編集手帳」のなげかけ…よかった)


喜茂別町成人式






語らなくとも…
「笑顔」
「品」
「優しさ」
「凛」
「勤勉」
「誠実」
「日本人らしさ」
「人間力」
「愛」…


【生き様がメッセージ】
になっている…



そんな大人が増えたら…と私は思っております。






今日もすてきな1日に\(^o^)/







しあわせ連鎖プロデューサー
しおちゃん
(シオヤタカハル)





2017.01.09 Mon l ツイてる日記 l コメント (2) トラックバック (0) l top
【トライ&エラー(けいけん)を繰り返す~失敗は存在すらしない~】

変化に柔軟に対応する…

これだけ世の中がグイグイ変化しています。

誰にも予想付かないような【動く時代】を生きております。

面白い\(^o^)/

どんな時代になろうとも…そこに太刀打ちできる覚悟を持ち、
体力をつけ、【変化を楽しんじゃう】くらいのタフな日本人を育成していかなければなりません。

そして、これからの世代にどうこう言う前に、
氣が付いた大人たちが
【生き方】で実践していく必要がありますね。

そんな仲間たちが、つながってきております。

それが、また、面白いところです。



========

・失敗と書いて「けいけん」と読む 
    (五日市剛さんのひめくりカレンダー)より

・成功と失敗?成功と成長しかないのだよ…
    (福島正伸先生のコトバ)

・まちがいは存在すらしない
    (「パズル」AKIRA SONGより)

========




さあ、今日も楽しくいきましょうか。
私にできることを、ココロをこめて。


私を元氣にしてれる方が…いろんなところにいてくださる…嬉しい。

本当にありがとうございます。


嬉しい似顔絵







しあわせ連鎖プロデューサー
シオヤタカハル
(しおちゃん)








2017.01.06 Fri l ツイてる日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top